« ≪連載(110回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(12月3日~12月7日)&MY注目銘柄 | トップページ | 合意の最大要因は本紙指摘の疑惑幹部辞任かーー政府、FCLPのため馬毛島買収へ »

2018.12.03

反社とズブズブの関係の挙句ーーついに御用になった激安「スーパー玉出」創業者

大手マスコミ既報のように、本日、大阪府警は、関西地方では激安スーパーとして誰もが知る「スーパー玉出」の創業者・前田託次容疑者(74)を逮捕した。
逮捕容疑は、大阪市西成区の旧売春街「飛田新地」に自分が代表を務める不動産会社が所有する物件(以下にその建物謄本を転載)が売春に使われると知りながら、山口組系暴力団幹部の内妻に賃貸し犯罪収益を受け取っていた組織犯罪処罰法違反容疑。
府警は今年5月、前田容疑者側が貸していた「銀河」(今年5月まで営業)の経営者、山口組系極真連合会系組員を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕していた。
これだけ聞くと、スーパー玉出を知らない関東地方の者などは、大手スーパー社長がなぜこんな犯罪でと驚かれることだろうが、関西のさる事情通はこう見る。
「はっきりいって、前田さんは昔から実質、企業舎弟だった。スーパーを創業(1978年)した後のことだが、地元の山口組系関係者と付き合い始め、大手を始めとするまともな仕入先は付き合いをお断りしていた。納品される商品のなかには、倒産しそうな会社、盗んで来たと思われる商品など理由あり、怪しげなルート経由のものも少なくなかった。
今回の事件は、山口組へのさらなる締め付け作戦のなかで、密接交際者、金主ということで前田さんもやられたということ」。
こういい、大阪のそれなりの事情通なら誰も驚かないという。
本紙は12年からこの玉出のことを取り上げている。
きっかけは、大阪の著名な事件屋連中が介入(「大阪淡水魚貝」の乗っ取り事件にも登場)したLEDと不動産販売の詐欺事件。その奈良市内の不動産の流れを追うと、玉出の不動産関連会社がその問題物件を善意の第三者として購入(善意だと、例え事件化してもその不動産は被害者には戻らない)。ほどなくほとぼりが冷めたと思ったのか、所有権は錯誤を理由に疑惑の会社に戻されていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« ≪連載(110回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(12月3日~12月7日)&MY注目銘柄 | トップページ | 合意の最大要因は本紙指摘の疑惑幹部辞任かーー政府、FCLPのため馬毛島買収へ »