« ≪連載(109回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(11月26日~11月30日)&MY注目銘柄 | トップページ | <記事紹介>「政治家とヤクザの裏面史」(溝口敦。『サンデー毎日』12月9日号) »

2018.11.26

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(702)「名門『パイオニア』、危うし」

「パイオニア」(6773。東証1部。東京都文京区)といえば、昭和世代にとってはオーディオの名門企業だ。その後も、日本が世界に先駆けてカーナビが普及した時代には同社の「カロッツェリア」は高級品として人気も高かった。
しかし、今年になっての同社の凋落ぶりは大手マスコミ既報の通り。フリーキャッシュフローは172億円の赤字、4~9月期決算は99億円の最終赤字で、支援先がない限り倒産は時間の問題となっている。
そんな中、香港拠点のファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」が支援に名乗り出る。融資と出資で合計600億円の支援とのことで、10月中に正式スポンサーとして契約が結ばれる予定だった。しかし、11月以降に延びたことで、パイオニア株は「継続疑義」が注記される。そして、一部銀行は債権区分を「破綻先懸念」に引き下げた。
そして11月7日の決算説明会でもベアリングとの合意時期は示されなかった。しかし、ベアリングから250億円の融資を受けたことで当面の資金繰りにはメドがついたようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« ≪連載(109回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(11月26日~11月30日)&MY注目銘柄 | トップページ | <記事紹介>「政治家とヤクザの裏面史」(溝口敦。『サンデー毎日』12月9日号) »