« 仮想通貨「ウォービット(wowbit)」巡る反社会勢力とのトラブルの具体例が判明(2) | トップページ | ≪連載(107回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(11月12日~11月16日)&MY注目銘柄 »

2018.11.11

「積水ハウス」主犯も関与ーー投資詐欺疑惑会社テキシアのアリバイとしての仮想通貨「WFC」

「ワールドフレンドシップコイン」(WFC)という仮想通貨がある。
表向きはロシアのサハ共和国のダイヤモンド採掘事業などのために発行したとされ、すでに4次に渡るICOは今年7月末に完了(最大調達額は300億円)。そして8月、10月末と2つの海外取引所に上場したという。だが、実際は投資家はWFCを売買できず、価格はゼロに等しいという。
というのも、そもそもこのWFCは、「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市中央区)という主に高齢者をターゲット(1口100万円で月利3%の高配当を謳っていた)に、実に500億円ともいわれる資金を集めた投資詐欺疑惑会社に対し、17年10月ごろ「被害者の会」が設立されるなか、詐欺に問われないように、(実際は無価値な)仮想通貨で返還するとして考え出されたようだからだ。
そして、そうした旨の契約書などに登場するのが「D」(東京都墨田区)という宝石などの輸出入、販売会社。
そして、ここに「積水ハウス」地面師詐欺事件で逃亡するまで出入りしていたというのが、同事件の主犯とされる土井淑雄なのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 仮想通貨「ウォービット(wowbit)」巡る反社会勢力とのトラブルの具体例が判明(2) | トップページ | ≪連載(107回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(11月12日~11月16日)&MY注目銘柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/67371569

この記事へのトラックバック一覧です: 「積水ハウス」主犯も関与ーー投資詐欺疑惑会社テキシアのアリバイとしての仮想通貨「WFC」:

« 仮想通貨「ウォービット(wowbit)」巡る反社会勢力とのトラブルの具体例が判明(2) | トップページ | ≪連載(107回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(11月12日~11月16日)&MY注目銘柄 »