« 田邊勝己弁護士恐喝事件ーー田邊氏証人尋問報告(2) | トップページ | <ミニ情報>あの安倍首相自宅放火犯が出所していた!! »

2018.06.08

<ミニ情報>注目製薬会社に特許庁職員接待情報

 近年、急激に売上げを伸ばし、業界内で注目されている製薬会社が特許庁の職員を高級会員制レストランで接待しているとの情報がある。
 製薬会社の接待といえば、真っ先に思い浮かぶのは厚労省。しかし、特許庁も関係するお役所としては負けず劣らず重要という。
 一般には特許の期間は出願から20年だが、医薬品業界は例外で25年。医薬品が世に出るまでに10年以上が普通で、しかし1発当たればたった1本の有効成分、切れた後も製法や製剤化の特許が残存し、年間数百から数千億円の売り上げになり、それだけでその製薬会社の大半の売上げ高になることも。逆にいえば、特許の有無や期間次第で、ライバル会社にジェネリック(ゾロ新)が認められ、それだけの巨額売上げを失うことにもなりまさに死活問題といえるからだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 田邊勝己弁護士恐喝事件ーー田邊氏証人尋問報告(2) | トップページ | <ミニ情報>あの安倍首相自宅放火犯が出所していた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/66806155

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>注目製薬会社に特許庁職員接待情報 :

« 田邊勝己弁護士恐喝事件ーー田邊氏証人尋問報告(2) | トップページ | <ミニ情報>あの安倍首相自宅放火犯が出所していた!! »