« <編集部からのお願い>告発データは紙かPDFでお願い致します | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(678)株などの「投資顧問」評価サイトにご注意 »

2018.05.30

日大アメフト悪質タックル問題ーー日大・田中理事長が、内田前監督(常務理事)を切れない理由

 まずは、冒頭に掲げた「日本大学事業部」(東京都世田谷区)という会社の謄本役員欄をご覧いただきたい。
 本日夜、関学連は記者会見を開き、問題の悪質タックルを指示したと認定し「除名」処分した内田正人・日大アメフト部前監督(日大常務理事)、大塚吉兵衛学長など、河野英一・生物資源科学部元学部長以外の取締役は日本大学の元・現理事。現代表取締役の出村克宣氏は理事で工学部長で同学部教授。監査役は日大財務部長だ。
 社名から一見、学校法人「日本大学」の関係部署のように思われるかも知れないが株式会社。
 ただし、この日本大学事業部は日本大学の100%子会社。
 10年1月、日大・田中英寿理事長の肝いりで設立されたとされる。
 日大施設の管理(清掃・保守・点検・警備など)を中心に、学生・教職員向けの各種サービス(保険代理店業務、自働販売機の飲料販売、成人式・卒業式の衣裳レンタルなど)を行っている。(横写真=赤堤の「日本大学事業部」入居ビル。同ビルは日大所有)
 急速に売上げを伸ばしており、12年(12月期)の約5億円、13年約8億円、14年13億円、15年約17億円、16年約44億円、17年約70億円といった具合だ。
 なぜ、内田前監督がこの日大事業部の取締役に就いていることが、日大理事長として同社を牛じる田中氏が切れないことに通じるかというと、同社は田中理事長の“利権会社”と見られているから。つまり、内田氏を始めとする取締役はいわば共犯関係にあり、田中理事長の恥部を知っている可能性があるからだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <編集部からのお願い>告発データは紙かPDFでお願い致します | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(678)株などの「投資顧問」評価サイトにご注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/66774020

この記事へのトラックバック一覧です: 日大アメフト悪質タックル問題ーー日大・田中理事長が、内田前監督(常務理事)を切れない理由 :

« <編集部からのお願い>告発データは紙かPDFでお願い致します | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(678)株などの「投資顧問」評価サイトにご注意 »