« あの電通ワークス事件でも「文書改ざん」!? | トップページ | <一行情報>安倍首相5月退任説 »

2018.03.14

<お知らせ>「森友文書改ざん」で連日、国会周辺抗議行動

 安倍政権が危機の崖っぷちに追い詰められた。言うまでもなく学校法人「森友学園」への国有地売却で、財務省が決裁文書を改ざんした事実が明らかになったからだ。
 前代未聞の財務官僚による公文書の“偽造”と“隠蔽”。民主主義を根底から揺るがす事態であり、麻生太郎・財務相の辞任は時間の問題だろう。いや、昨年2月、「私や妻が関与したのなら、総理大臣も国会議員もやめる」と言明していた安倍首相の妻、昭恵氏が、交渉に深々と関与していた事実が明らかになった今、安倍首相も辞任するのがスジだろう。
 12日夜から、首相官邸前には元SEALDsの奥田愛基氏らが呼びかけ、数千人規模の市民が大結集した。「改ざんするな」「佐川じゃなくて、麻生がやめろ」と怒りの声を上げた。官邸周辺の歩道が埋め尽くされたその様子は、大飯原発再稼働反対運動(12年)、安保法制反対運動(15年)を彷彿とさせる。
 これから毎日、国会周辺で抗議行動が続く。「安倍内閣総辞職を要求する官邸前抗議行動」(「未来のための公共」「安倍政権NO実行委員会」主催)は首相官邸前で19:30から。「森友学園疑惑徹底追及!安倍内閣は総辞職を!国会前連続行動」(主催「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)は国会議員会館前で、18:30から(15日のみ国会正門前)。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« あの電通ワークス事件でも「文書改ざん」!? | トップページ | <一行情報>安倍首相5月退任説 »