« 警視庁備品談合疑惑を浮上させた特別背任事件、善管注意義務違反認め支払い命令 | トップページ | 今週の相場展望(4月2日~4月6日)&MY注目銘柄 »

2018.03.30

「小松美羽を見い出したプロジューサーに投資勧誘トラブル」

 小松美羽(33)といえば、09年に「美しすぎる銅版画家」としてメディアに取り上げられたと思ったら、その後、画家としても注目され、いまやわが国どころか、世界にメッセージを発信する新進気鋭のアーティスト。
 いまやTVCMにも出演おり、ご存じの方も多いことだろう。
 ところが「好事魔多し」。彼女を見いだしたプロジューサー(仮にA氏とする)の投資勧誘トラブルが聞こえて来た。
「VIX1552」をご存じだろうか。
 短期先物だが、1552の銘柄で登録されており、一般の株と同じように日々価格が変動し売り買いできる。
 A氏は遅くとも16年8月ごろから、世界中で頻発するテロ、トランプ政権誕生などを当て込んでこの銘柄を関係者に勧めた。狙いは、利益があった際にもらうと約束した20%のマージン。
 この1552、米国株が上がると逆に下がる。北米の恐怖指数と連動しており不景気連動型商品。そのため、リスクヘッジ銘柄として有名だ。
 テロはむろん、トランプ大統領就任当初にはその問題ある性格、危ない発言の連発などから確かにリスクを期待させたのだが、実際はNYダウはほぼ上がり続けているのはご存じの通り。
 そんなわけで、1552はひらすら下がり続けているからさあ大変。当然、投資家からA氏に批判の声が出ることに。
 もっとも、これだけなら、A氏の個人的なトラブルで済ませられるかも知れない。だが、以下のような事実を見れば、そうもいかないだろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 警視庁備品談合疑惑を浮上させた特別背任事件、善管注意義務違反認め支払い命令 | トップページ | 今週の相場展望(4月2日~4月6日)&MY注目銘柄 »