« 「ソルガム」決算書掲出遅延の最大理由ーー買収した「アズシステム」に重大疑惑 | トップページ | 東京地検が福島復興利権疑惑で動くも頓挫した関係会社に、補助金詐取容疑でガサ(続き) »

2018.03.07

日本相撲協会側の驚くべき対応!?ーー貴ノ岩の復帰問題

 元横綱・日馬富士による傷害事件の被害者である貴ノ岩関(28)が、3月11日に初日を迎える大阪場所で復帰するかどうかに注目が集まっている。
 貴ノ岩は事件に遭って以降、2場所全休している。
 本来は幕下に落ちているはずだが、特例措置で西十両12枚目に据え置かれている。しかし、その特例も今後はなく、もし大阪場所も休場なら幕下に落ちることになる。
 貴乃花親方は3月8日には貴ノ岩の春場所出否を決めるという。
 そんななか、貴ノ岩が出ない場合も特例を設けてくれるように協会側に要請したという貴ノ岩関係者を名乗る者が、本紙にその顛末を告発して来たので以下、報じる。
 その前に、3月3日、貴乃花一門の恒例の激励会が行なわれた。しかし、今回は貴乃花部屋以外の親方や関取は出なかった。このため、貴乃花一門に亀裂が生じているとの一部報道があるが、ある貴乃花一門有力後援者はこう漏らす。
「協会からの一門に対する締め付けがひじょうにきついので見送っただけ。一門に亀裂が生じているなんてことはありません」
 また、この後援者によれば、貴ノ岩はガンガン稽古しており、大阪場所にはまず間違いなく出馬するという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「ソルガム」決算書掲出遅延の最大理由ーー買収した「アズシステム」に重大疑惑 | トップページ | 東京地検が福島復興利権疑惑で動くも頓挫した関係会社に、補助金詐取容疑でガサ(続き) »