« 出資法違反で逮捕の「奏房社」ーー永本壹柱氏人脈と接点 | トップページ | <記事紹介>「ユニバーサルエンタ『創業者追放』に新事実」(『ZAITEN』18年2月号) »

2018.01.24

あの民主党偽メール事件の「西澤孝」が、会社作りまた暗躍中

 2006年2月の衆議院予算委員会で、民主党(当時)の永田寿康議員(同)が、「(ライブドア事件に絡み)証券取引法違反で起訴されたライブドア元社長の堀江貴文被告が、05年8月26日付の社内電子メールで、自らの衆院選出馬に関して、武部勤自民党幹事長の次男に対し、選挙コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示した」などと指摘したが、その証拠とされたメールの写しは偽造したもので、当時の前原誠司代表ら民主党執行部は総退陣に追い込まれた。また、永田議員は議員辞職→自殺に至った。
 これを民主党偽メール事件(「堀江メール問題」とも)というのだが、この何とも重大なガセネタを永田氏に提供したのが「西澤孝」という元『週刊ポスト』の記者だった。
 本紙ではその西澤氏がその後、別件詐欺で逮捕、そして偽名で大手IT企業のコンサルタント企業に就職していたことを報じているが、新たな動向がわかった。
 何と、その後の16年11月、自ら会社を立ち上げていたのだ。
 そもそも、西澤氏は競艇界のドン、笹川良一氏(故人)の隠し子と自称するかと思えば、週刊誌時代にもネタを捏造し名誉毀損で訴えられて敗訴するなど、トラブルメーカーとして知られていたが、その後、頻繁に名を変えた上、あの偽メール事件からもすでに10年以上経ち、ほとぼりがすっかり冷めたと見たのか、今度は「田中角栄の孫」などと称して、再び政治家に近づいているというのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 出資法違反で逮捕の「奏房社」ーー永本壹柱氏人脈と接点 | トップページ | <記事紹介>「ユニバーサルエンタ『創業者追放』に新事実」(『ZAITEN』18年2月号) »