« <新連載>「AJアラート」発令(第5回)「富士通」 | トップページ | ≪連載(68回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(1月22日~1月26日)&MY注目銘柄 »

2018.01.20

「省電舎HD」の新株予約権譲渡と株価急騰の背後に重大疑惑か

 省エネコンサル草分け「省電舎ホールディングス」(1711。東証2部。東京都港区)は昨年11月28日、新株予約権の譲渡申請に対し承認したとするIRを出した。
 これは省電舎HDの西島修社長が所有する新株予約権500個(すべて行使すれば5万株)を、「日本キャピタル証券」(大阪市北区)へ譲るというもの。省電舎HDとしては早く行使して資金を入れてもらいたいが西島社長は無理ということから、というのが譲渡理由とされた。
 それから23日後の昨年12月20日、100%子会社「省電舎」は、省エネ事業などで「丸紅」と業務提携したとIRした。
 何しろわが国を代表する商社が、3期連続営業CF赤字で「継続前提に重要事象」の年商20億円にも満たない省電舎と組んでくれたのだ。これは好材料だとして省電舎HDの株価はたちまち2倍にまで跳ね上がった。
 外側から見れば、日本キャピタル証券への予約権譲渡と、丸紅との業務提携→株価急騰はまったく別の話。そして、ともかく省電舎はよかったという事になろう。
 だが、こんな事実を知ったらどう考えるだろうか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <新連載>「AJアラート」発令(第5回)「富士通」 | トップページ | ≪連載(68回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(1月22日~1月26日)&MY注目銘柄 »