« <ミニ情報>「ストリーム」相場操縦事件、3人だけ起訴も、まだホンボシ狙いで捜査継続か | トップページ | <お知らせ>本紙メルマガが本年度「まぐまぐ大賞」ジャーナリズム部門で2位に »

2017.12.15

<ミニ情報>重傷負わせた安倍首相元秘書の山口県議、「被害届」出される

 安倍首相の地元・山口県下関市の秘書を18年務めていた平岡望・山口県議(冒頭右写真。44。自民党。下関市選挙区)が12月1日夜、下関市内で開かれた自民党下関支部の忘年会で、小熊坂孝司・下関市議(同左写真。69。自民党)を押し倒し左足首の骨を折る全治2カ月の重傷を負わせていた件だが、地元事情通によれば、小熊坂市議は本日昼過ぎ、山口県警下関署に弁護士と共に出向き、「被害届」を出したという。
 この件、重傷とはいえ、互いに酒に酔ってのことで意図的ではないと思われる。さらに、どちらも自民党員ということからも、被害者の小熊坂市議自身、マスコミの取材に対し、「キチンと謝罪していただければ告訴はしない」と言っていた。そして、平岡県議は6日夜には市議を訪ねて謝罪していたし、その後も誠意を持って対応していたとも。
 そのため、告訴の前段ともいえる今回の「被害届」提出につき、関係者の間ではさすがに驚きの声も出ている。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <ミニ情報>「ストリーム」相場操縦事件、3人だけ起訴も、まだホンボシ狙いで捜査継続か | トップページ | <お知らせ>本紙メルマガが本年度「まぐまぐ大賞」ジャーナリズム部門で2位に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/66161709

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>重傷負わせた安倍首相元秘書の山口県議、「被害届」出される :

« <ミニ情報>「ストリーム」相場操縦事件、3人だけ起訴も、まだホンボシ狙いで捜査継続か | トップページ | <お知らせ>本紙メルマガが本年度「まぐまぐ大賞」ジャーナリズム部門で2位に »