« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(646)「次なる噂の上場企業」 | トップページ | 安倍首相補佐官後援会長企業の、千葉県市川市ネーミングライツ選定疑惑 »

2017.11.08

あの京都駅前問題土地の一部、ついに売却。米系ファンドがホテル建設へ(追加情報)

 かつてあの「武富士」が地上げしようとして失敗。実に40年来シコっていた京都駅に程近い問題土地(約3300坪)の一部737坪が米系ファンドに売却され、いよいよホテル建設が始まるという。
 10月28日の第一報の追加分をお伝えする。
 京都市の土地利用の調整に係るまちづくりに関する条例第6条、7条の規程によれば、該当する開発を行う場合、事前に市に届け出し、周辺住民に説明会を開催しなければらない。その説明会は昨11月6日に行われた。
 上に掲げたのは、現地に掲げられたその説明会の概要看板だ。
 それによれば、ホテル事業を行うのは「ウィンチェスター特定目的会社」(東京都千代田区)で、ホテルは地上9階地下1階。施行は「戸田建設」ですでに決まっていることがわかる。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(646)「次なる噂の上場企業」 | トップページ | 安倍首相補佐官後援会長企業の、千葉県市川市ネーミングライツ選定疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/66016635

この記事へのトラックバック一覧です: あの京都駅前問題土地の一部、ついに売却。米系ファンドがホテル建設へ(追加情報) :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(646)「次なる噂の上場企業」 | トップページ | 安倍首相補佐官後援会長企業の、千葉県市川市ネーミングライツ選定疑惑 »