« 北海道11区から出馬表明の元アナウンサーの父は、あの「闇株新聞」筆者 | トップページ | 本の紹介『見えない不祥事――北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(小笠原淳著) »

2017.10.04

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(641)「株価操縦疑惑銘柄4つ」

 証券取引等監視委員会(SESC)の情報提供窓口には毎日多くの情報が寄せられている。昨年は7600件寄せられた。そのかなりが「株価操縦」に関する内容と思われる。
 もっとも、一般投資家が確たる証拠を揃えるのは不可能に近い。また、不自然な動きに乗れなかった投資家の嫉妬も多いと聞く。急落した恨みで通報する場合もあるだろう。
 そんな事情に加え、そもそもSESCには株価操縦を監視する余裕が余りない。金商法対象事業者を年々拡大させており、検査対象事業者が増え続けているからだ。
 そんなわけで、わが国は「株価操縦天国」との見方もある。
 そんな状況のなか、ごく直近で株価操縦が疑われている銘柄を4つピックアップして見た。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 北海道11区から出馬表明の元アナウンサーの父は、あの「闇株新聞」筆者 | トップページ | 本の紹介『見えない不祥事――北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(小笠原淳著) »