« SESC、「ヤマゲン証券」に行政処分を勧告 | トップページ | 三郷でもーー新橋地上げ(変死事件)に重大事実 »

2017.08.09

「ビットポートフォリオ」詐欺、本当のワルの面々の名前

 本紙がいち早く報じたビットコインとマルチ商法を組み合わせた「D9」、「SENER」の詐欺疑惑だが、その後の取材でわかって来たことを報じる。
 まず、この間、広告塔を勤め、本紙でも名前を上げている柴田千成氏だが、「すでに海外逃亡している」との情報は誤りだった。
 柴田氏は自身も1億円以上の資金をSENERにつぎ込んだものの、一般の被害者同様、換金できず、海外逃亡もままならない状況とのことだ。この間、表に出ていた彼にも大きな責任があることはいうまでもないが、スケープゴートにされている側面もあるようだ。
「柴田は英語も出来ないので、芝大門の事務所での代行にしても、実際にやっていたのは植木が選んだ別の者。柴田が広告塔役を務めていた雑誌(『季刊エール』)の記事にしても、植木のいうままを信じて、予め教わったマニュアルを口にしているだけ。また、投資家100名ほどがSENERの本社を訪問していますが柴田は同行もしてなければ、SENER側とこの間、やりとりもまったくしてません。
 むろん、だから柴田に責任がないなんていうつもりは毛頭ありませんが。よく言えば彼は純粋、悪く言えば天然バカなんです」(事情通)
 布川敏和、中村雅俊の件も関与してないとのこと。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« SESC、「ヤマゲン証券」に行政処分を勧告 | トップページ | 三郷でもーー新橋地上げ(変死事件)に重大事実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/65641236

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビットポートフォリオ」詐欺、本当のワルの面々の名前 :

« SESC、「ヤマゲン証券」に行政処分を勧告 | トップページ | 三郷でもーー新橋地上げ(変死事件)に重大事実 »