« 「クレアHD」、あの永本壹柱氏の“裏切り”で三つ巴の経営権争いか | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(631)証券監視委がようやくネット上不正摘発準備へ »

2017.08.01

<記事紹介>「被害者が加害者でもある複雑怪奇『ビットフォリオ詐欺』」(『ベルダ』17年8月号。本紙・山岡)

 本紙・山岡は月刊会員制情報誌『ベルダ』に「狙われるシルバー世代」というタイトルの連載を持つが、この7月28日に出た154回目で、いま流行のビットコインとマルチ商法を組み合わせた「D9」、「SENER」についての記事を載せている。
 本アクセスジャーナルでは、すでに7月17日、7月21日と2度取り上げているが、3頁と分量があるので、このベルダ連載では総合的に詳しく書いたつもりだ。
 関心のある方は是非、ご覧いただきたい。
 ところで、この取材の過程で、“ビットポートフォリオ”ではないが、ビットコイン同様、仮想通貨のネタで、詐欺を働いていると思われる案件が判明したのでついで紹介しておく。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「クレアHD」、あの永本壹柱氏の“裏切り”で三つ巴の経営権争いか | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(631)証券監視委がようやくネット上不正摘発準備へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/65609533

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「被害者が加害者でもある複雑怪奇『ビットフォリオ詐欺』」(『ベルダ』17年8月号。本紙・山岡) :

« 「クレアHD」、あの永本壹柱氏の“裏切り”で三つ巴の経営権争いか | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(631)証券監視委がようやくネット上不正摘発準備へ »