« 「ソルガム」、上場廃止脱するも新たな問題が…… | トップページ | 鶴保庸介沖縄・北方相にも重大疑惑 »

2017.07.11

<記事紹介>本紙・山岡連載第11回「投資詐欺の手口」=「公正証書遺言」(『週刊大衆』)

 当初8回の目処が、好評だとして10回、今度は15回、さらにそれ以上に延びそうな、本紙編集長・山岡が『週刊大衆』(双葉社)誌上に連載している「極悪“詐欺”に騙されるな!--狙われる中高年、シニア世代のための“自己防衛テクニック”」というタイトルの3頁記事連載ーー7月10日(月)発売の第11回目は、10回目の「養子縁組」に続き公的制度の「遺言」を取り上げた。
 公証人が作成する「公正証書遺言」、それも遺言者の状況がかなり悪く、自身が口頭で遺言内容をいえない場合、公証人が病院などに出張してくれ、予め親族などが作成した遺言下書きを公証人が読み聞かせ、本人が「ハイ」といえば成立ケースでは、極論すれば、赤の他人が公証人を買収し、死にかけの本人がその赤の他人に遺産相続するとの内容に「ハイ」といったことにすれば……。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「ソルガム」、上場廃止脱するも新たな問題が…… | トップページ | 鶴保庸介沖縄・北方相にも重大疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/65518863

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>本紙・山岡連載第11回「投資詐欺の手口」=「公正証書遺言」(『週刊大衆』) :

« 「ソルガム」、上場廃止脱するも新たな問題が…… | トップページ | 鶴保庸介沖縄・北方相にも重大疑惑 »