« <記事紹介>「投資家のカネ総額5億円が溶けた!」(『月刊タイムス』7月号) | トップページ | 共謀罪が強行成立ー捜査機関による「弱い者イジメ」の監視社会へ »

2017.06.15

安倍首相ベッタリ記者の準強姦事件以外にも、警視庁刑事部長にさらに捜査圧力疑惑(今度は麻薬事件絡み)

 本紙でも既報のように、TBS元ワシントン支局長でジャーナリスト・山口敬之氏(51)の準強姦嫌疑につき、安倍首相ベッタリ記者だったことから忖度し、同事件を握り潰した疑惑が出ている当時、警視庁刑事部長だった中村格(いたる)・警察庁刑事局組織犯罪対策部長(冒頭写真)ーー。
 本紙では6月12日、この中村氏が警視庁刑事部長時代、他にも捜査圧力をかけた疑惑がある具体的案件を取り上げたが、さらに別件があるとの証言を得たので追加報道する。
 これまた事と次第では安倍内閣にもダメージを与える案件だった。
 ただし、こちらの件は、中村氏が昨年8月、警視庁から警察庁に戻って以降のことだという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <記事紹介>「投資家のカネ総額5億円が溶けた!」(『月刊タイムス』7月号) | トップページ | 共謀罪が強行成立ー捜査機関による「弱い者イジメ」の監視社会へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/65416270

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相ベッタリ記者の準強姦事件以外にも、警視庁刑事部長にさらに捜査圧力疑惑(今度は麻薬事件絡み) :

« <記事紹介>「投資家のカネ総額5億円が溶けた!」(『月刊タイムス』7月号) | トップページ | 共謀罪が強行成立ー捜査機関による「弱い者イジメ」の監視社会へ »