« 母・洋子氏の影もーーアッキーが“後援会長”務める社会福祉法人に国有地払い下げ(3) | トップページ | 「セガサミー」会長宅発砲事件で組幹部ら逮捕ーーなぜ、いまなのか? »

2017.06.07

<記事紹介>「官邸の後押しで医学部新設『第2の加計疑惑』が急浮上」(情報誌『ベルダ』6月号。本紙・山岡)

 今年4月、「国際医療福祉大学」(高木邦格理事長)の医学部が千葉県成田市に開設されたが、これは首相官邸の意向を直接反映できる「国家戦略特区」として認可されたもの。いま安倍政権を揺さぶっている「加計学園」同様の構図で、国際医療福祉大学医学部にも、数々の疑惑があることを本紙は5月26日に報じている。
 情報誌「月刊ベルダ」では本紙・山岡の連載記事が掲載されているが、その6月号で改めて「国際医療福祉大学」問題を取り上げたので、紹介する。(以下、続き記事を転載)
(*本紙はすでに東芝病院に関する記事の件で、国際医療福祉大学側に記事削除の警告を受けており訴訟必至です。同大に関する告発情報をどんどんお寄せ下さい)
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 母・洋子氏の影もーーアッキーが“後援会長”務める社会福祉法人に国有地払い下げ(3) | トップページ | 「セガサミー」会長宅発砲事件で組幹部ら逮捕ーーなぜ、いまなのか? »