« <記事紹介>「日本のメディアは『弱者を苦しめ、強いものをより快適にする』」(ドイツ通信社。本紙・山岡インタビュー) | トップページ | <ミニ情報>SESCが行政処分を勧告した仕手株情報サイト講師のトンデモ勧誘 »

2017.04.25

<ミニ情報>あの「ウェッジHD」実質オーナーに約41億円の課徴金納付命令

 本紙では、上場企業2社を傘下に持ち、数々の疑惑が指摘されていたことから、タイ投資ファンド「APFグループ」の動向を適時、報じて来ている。
 13年11月1日、証券取引等監視委員会(SESC)が、虚偽の内容を公表して「ウェッジホールディングス」(2388。JQ)の株式を吊り上げた金融商品取引法違反(偽計)の疑いで、ウェッジHDの実質的な代表である此下益司氏(=冒頭写真左人物。46。かつては為末大氏・右が広告塔に)に約41億円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したことも報じている。
 それから3年半近くを経たこの4月11日、金融庁はSESCの勧告通り、40億9605万円もの課徴金納付命令を此下氏に出した。
 課徴金の高額さとしては、会計不祥事で東芝に課した約73億円(15年)に次ぐようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <記事紹介>「日本のメディアは『弱者を苦しめ、強いものをより快適にする』」(ドイツ通信社。本紙・山岡インタビュー) | トップページ | <ミニ情報>SESCが行政処分を勧告した仕手株情報サイト講師のトンデモ勧誘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/65196339

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>あの「ウェッジHD」実質オーナーに約41億円の課徴金納付命令 :

« <記事紹介>「日本のメディアは『弱者を苦しめ、強いものをより快適にする』」(ドイツ通信社。本紙・山岡インタビュー) | トップページ | <ミニ情報>SESCが行政処分を勧告した仕手株情報サイト講師のトンデモ勧誘 »