« <一行情報>「アクロディア」 | トップページ | <ミニ情報>「郷鉄工」、いよいよピンチ »

2017.02.15

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(612)「イントランス」と「ASIAN STAR」

 中古ビル再生事業が主力の「イントランス」(3237。マザーズ)の株価が1月末突如急騰した。同社が出資証券の形で保有する和歌山の物件がカジノ候補地として注目とのことだった。二階俊博自民党幹事長が同県選出ということもあり、同氏が後押ししていると市場では煽っていた。
 昨年6月10日に和歌山のリゾート物件取得に関するIR、同8月29日IRでは13億円をりそな銀行などから借り入れて取得したことを発表している。同社の純資産は31億円ほどなので相当な買い物だ。 借入のあるイントランスにとって、株価の引き上げは担保維持のためにも必要だったはず。それが今年1月末の急騰要因だろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <一行情報>「アクロディア」 | トップページ | <ミニ情報>「郷鉄工」、いよいよピンチ »