« <ミニ情報>金正男氏まで広告塔にしていた詐欺集団親玉 | トップページ | <ミニ情報>「郷鉄工」、いよいよピンチ (2) »

2017.02.21

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(613)今時の株価操縦手口

 株式手数料が固定し高額だった以前、仕手筋は株価が動かないように数か月かけて静かに買い集めて、また自身で信用売りをして信用取り組みが良いように見せかけたものだ。
 最初は信用で買い集め、次に一部を現引く。そして信用新規売り建てする。そして、投資家の関心が増して来た時に一気に現引きして信用売り長に持っていき逆日歩をつける。これを見た投資家はすかさず買いを入れて相場は過熱する。これが昭和時代の手口であった。
 しかし、自由化後、手数料はどんどん下がり、大口客はゼロの証券会社も出て来ている。以前は手数料が高いがために時間かけて値幅狙いだったが、今は違う。
 平成世代の投資手法はSNSをメインに投資情報会社、投資サイトを巻き込んで大がかりに、しかも短期で急騰させている。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <ミニ情報>金正男氏まで広告塔にしていた詐欺集団親玉 | トップページ | <ミニ情報>「郷鉄工」、いよいよピンチ (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64922168

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(613)今時の株価操縦手口 :

« <ミニ情報>金正男氏まで広告塔にしていた詐欺集団親玉 | トップページ | <ミニ情報>「郷鉄工」、いよいよピンチ (2) »