« 被害額は20億円以上ーー「バンリ・グループ」親子、ようやく架空投資詐欺で逮捕 | トップページ | <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月16日~1月20日)&MY注目銘柄」(第18回目) »

2017.01.14

AV制作会社社長ら海外配信初適用で逮捕ーー無修正AV最大手動画サイト「カリビアンコム」の行方

 警視庁と静岡、愛知両県警が1月11日までに、AV制作会社「ピエロ」(東京都練馬区)の陳美里容疑者(67。台湾籍)と従業員ら計7名を逮捕したのは大手マスコミ既報の通り。
 陳容疑者らはAV撮影した無修正動画を台湾の会社を介し、アメリカの無修正AV動画配信サイト「カリビアンコム」側に販売。ピエロ側はその台湾の会社から、約9年間で約13億7000万円得ていたという。
 容疑はわいせつ電磁的記録等送信頒布。
 カリビアンコムを運営する「DTI SERVICES,INC」(米ロサンゼルス)は会社もサーバーも海外に置いている。
 米国では無修正AV制作・配信は直ちに犯罪に抵触するわけではないので、カリビアンコムは合法を謳っていた。
 しかしながら、主に日本人スタッフが日本(人)向けに配信・販売しているのが実態。実は刑法175条のわいせつ物公然陳列罪や頒布罪は2011年に改正され、「電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者」も処罰対象になっており、当局は今回、カリビアンコムから動画をダウンロードする行為もこれに該当する(例え、海外サーバーからのものでも日本の不特定多数の者に頒布すれば国内犯として処罰できる)として、初めて海外にサーバーを置く無修正AV動画の脱法サイトの捜査に乗り出した。
 警視庁保安課は、今後、国際刑事警察機構を通じ台湾や米国の捜査機関と連携し実態解明を進めるとしており、いまのところ、カリビアンコムは変わらず営業しており、今回事件に関するIRも出していないものの、当然ながら、その行方が注目される。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 被害額は20億円以上ーー「バンリ・グループ」親子、ようやく架空投資詐欺で逮捕 | トップページ | <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月16日~1月20日)&MY注目銘柄」(第18回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64763567

この記事へのトラックバック一覧です: AV制作会社社長ら海外配信初適用で逮捕ーー無修正AV最大手動画サイト「カリビアンコム」の行方 :

« 被害額は20億円以上ーー「バンリ・グループ」親子、ようやく架空投資詐欺で逮捕 | トップページ | <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月16日~1月20日)&MY注目銘柄」(第18回目) »