« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(608)「ネット証券の勝ち組、負け組」 | トップページ | 「デジタルデザイン」買収狙う「Jトラスト」藤澤社長 »

2017.01.25

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(609)M資金話に引っかかった上場企業社長

 少し前、某上場企業社長がM資金話に引っかかった。
 M資金のMは、太平洋戦争後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)がわが国に乗り込んで来たが、同経済科学局の局長だったマッカート少将の頭文字から来ているというのが定説。占領下の日本で接収した財産などを基に、現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金を指す。
 もっとも、すでに敗戦から70年以上経ており、さすがにそんな話はもうないと思っていたら、それも資金難の“危ない上場企業”ではなく、かなり大手の機械メーカートップが引っかかったというのだ。
 M資金といえば、92年11月、「大日本インキ化学工業」(現DIC。4631。東証1部)の当時の社長が引っかかった件が思い出される。
 ブローカーを通じて、「日本政財官調査会本部」と名乗る団体が打診。当時の社長はこの10兆円(!!)の融資話を信じ、「念書」を書いた。
 その事実が浮上し、社長は辞任するに至ったが、しかし、この融資話、融資するに当たり手数料を要求するなどということはなく、むろん融資は実行されなかったから、実害はなかったとされる。
 今回も、それは同じ。
 もっとも、
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(608)「ネット証券の勝ち組、負け組」 | トップページ | 「デジタルデザイン」買収狙う「Jトラスト」藤澤社長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64805937

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(609)M資金話に引っかかった上場企業社長 :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(608)「ネット証券の勝ち組、負け組」 | トップページ | 「デジタルデザイン」買収狙う「Jトラスト」藤澤社長 »