« <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月16日~1月20日)&MY注目銘柄」(第18回目) | トップページ | <連載>安倍晋三首相自宅放火事件の闇(第3回) »

2017.01.17

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(606)名前替え再開していた、あの仕手株情報サイト

 この連載598回目(昨年11月28日。11月30日に関連記事あり)に取り上げた投資助言サイト「ジャパンストックトレード」、それに「日本証券投資顧問」を運営していた「CELL」(東京都渋谷区)に対し、金融庁は昨年12月2日から1カ月、業務停止処分にしていた。
 ところが、年明けからこの仕手株情報サイト、早速、再開していた。
 ただし、以前の2つのサイトは閉じ、新たに「ミリオンストック投資顧問」とのサイト名で再開していることがわかった。
 また、運営会社も以前の「CELL」から「NEO」に替わっている。
 もっとも、NEOの住所はCELLとまったく同じだし、代表者名も以前と同じ稲垣明徳氏。金融庁登録番号も同じ関東財務局長(金商)第2801号。
 もちろん、処分を受けた以上、営業再開して何ら悪くはないし、処分を受ける原因となった「顧客に対し、当社が仕手筋に関する情報やヘッジファンド介入に関する情報等、特別な情報を第三者等から入手している旨の虚偽の内容を告げて勧誘を行っていた」、「見込顧客に配信した電子メールにおいて、『必ず○万円の利益!』などと不確実な事項について必ず利益が上がる旨を告げ、投資者の投資意欲をあおった勧誘を行っている」ことなど、問題の行為を今後しなければ問題はない。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月16日~1月20日)&MY注目銘柄」(第18回目) | トップページ | <連載>安倍晋三首相自宅放火事件の闇(第3回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64772850

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(606)名前替え再開していた、あの仕手株情報サイト :

« <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月16日~1月20日)&MY注目銘柄」(第18回目) | トップページ | <連載>安倍晋三首相自宅放火事件の闇(第3回) »