« <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月30日~2月3日)&MY注目銘柄」(第20回目)  | トップページ | 医学部新設に続きーー「東芝病院」売却先に、あの「国際医療福祉大学」急浮上 »

2017.01.30

「リミックスポイント」国重前社長が狙う2冊目のベストセラー!?

 昨年10月初めに出した著書『住友銀行秘史』が10万部を超えるベストセラーになって脚光を浴びたと思ったら、12月には「リミックスポイント」(3825。マザーズ)社長を辞めた国重惇史氏(冒頭左写真。70)ーー。
 エリート街道まっしぐらから一転、波乱の人生は傍目には面白いものだ。それだけ人間性も魅力的なのだろう。
 リミックスポイントは国重氏が退任したから株価が急騰(冒頭右写真)。国重氏という“重石”が外れて仕手筋が動きやすくなったというべきで、問題企業から国重氏がともかく足を洗った点は評価したい。
 リミックスといえば、証券取引等監視委員会(SESC)が警視庁と合同で昨年10月、松浦大助氏グループと共に関係先に強制調査に入られた「ストリーム」(3071。マザーズ)同様、仕手筋が介入し株価操作が疑われていた銘柄。「ランドコンピュータ」(3924。東証2部)、「GFA」(8783。JQ)、そして「SJI」(2315。JQ。2月から「カイカ」に社名変更)、さらには「マーチャント・バンカーズ」(3121。東証2部)も同様だ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月30日~2月3日)&MY注目銘柄」(第20回目)  | トップページ | 医学部新設に続きーー「東芝病院」売却先に、あの「国際医療福祉大学」急浮上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64828893

この記事へのトラックバック一覧です: 「リミックスポイント」国重前社長が狙う2冊目のベストセラー!? :

« <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(1月30日~2月3日)&MY注目銘柄」(第20回目)  | トップページ | 医学部新設に続きーー「東芝病院」売却先に、あの「国際医療福祉大学」急浮上 »