« 2016年2月21日 - 2016年2月27日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »

2016.03.05

“乗っ取り”!?ーー九州大手「昭和グループ」株式巡る訴訟

「昭和グループ」(本社・福岡市)は、佐賀県唐津市を拠点に展開する路線バス事業を中心とした「昭和自動車」を中心に、いまやタクシー会社「福岡昭和タクシー」、「福岡トヨタ自動車」「西九州トヨタ自動車」「トヨタカローラ福岡」「ネッツトヨタ福岡」「ネッツトヨタ佐賀」などの自動車販売会社、マクドナルドFC28店舗経営「昭和フード」、幼稚園・保育園気経営「昭和学園」など、幅広い事業を九州北西部中で展開。従業員は4000名以上、年商は2000億円に迫る一大企業グループだ。
 同グループ創始者・金子道雄氏は明治38年、佐世保の貧しい家庭に10人兄弟の長男として生まれ、16歳で「青木洋鉄商店」に丁稚奉公に。そして金子氏が支配人をしていた34歳の時(昭和12年)、青木洋鉄商店が「昭和自動車」の経営権を譲り受けたのが今日の昭和グループの始まりだ。
 現在、この昭和グループ並びに昭和自動車を率いているのは金子晴信氏。創始者・金子道雄氏の息子であり、昭和グループ並びに昭和自動車は金子一族の同属企業になっている。
 ところが2010年4月、「親和銀行」本店から前出・青木洋鉄商店の創業者で社長だった青木栄蔵氏の孫に連絡が入る。
 かつて金子道雄氏が同行からカネを借りた際、担保に入れられていた青木栄蔵氏その親族所有の「昭和自動車」などの株券が見つかったので返済したいというのだ。
 そして、1年かけて手続きしその株券を遺産相続で孫は手に入れたのだが、昭和自動車がその株券を真正なものと認めないことから14年に「株主権確認訴訟」、さらに15年には昭和20年代に昭和自動車が3度に渡り増資した件につき「新株発行不存在確認訴訟」を提起。両訴訟は併合され、現在も審尋中だ。
 孫側によれば、この数十年ぶりに金庫奥から出て来た株券について検討する過程で、俄かには信じられないことながら、後に唐津市長まで務めた金子道雄氏が、実は正当な手続きを経ないで増資を行いその大半を自分所有とし、昭和自動車を創業した青木一族側から“乗っ取った”可能性が出て来たというのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.04

女性への傷害などでーー逮捕されていた半グレ集団の黒幕

 当局が「準暴力団」と位置づけ、取り締まりを強化している中国残留孤児2、3世で構成する「ドラゴン」OBで、暴走族「関東連合」の主要メンバーとも親しく、“半グレ集団の黒幕”ともいわれる中村創(38)容疑者が逮捕されていたことが関係者の話などからわかった。
 1回目の逮捕は、若い女性に対する傷害容疑で1月30日のこと。そして2月20日の再逮捕容疑は児童ポルノ製造の模様だ。
 若い女性の告訴に基く警視庁最寄り署での逮捕ながら、以前から内偵していた警視庁本庁組織犯罪対策課の方も加わり、本題での再々逮捕を狙っているとの情報もある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.03

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(548)「サハダイヤモンド」増資引き受けファンドに気になる情報

 ロシア産ダイヤモンド製造・販売「サハダイヤモンド」(9898。JQ。東京都墨田区)は2月19日、2億7500万円の第三者割当増資と、すべて行使されれば6億3555万円分の新株予約権の募集をIRした。払い込み期日は3月7月から14日。
 第三者割当増資の5分の1と、新株予約権の約53%はサハの姜杰・代表取締役社長が100%出資の香港会社が引き受ける。
 気になる情報が出ているのは、残りの第三者割当増資分の2億2000万円と新株予約権の約47%を引き受け予定の「Ping An Dynamic Fund I」というケイマン諸島に住所を置くファンドに関して。
 このファンド、サハの説明によれば、香港上場企業MIHの大株主でもある中国人が100%出資した日本市場向け投資のものだという(総出資額は9億円。組成日は昨年7月28日)。
 ところが、サハの内情に詳しいある投資家はこう証言する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.02

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(547)「リミックスポイント」株価急騰の不自然さ

 低迷していた「リミックスポイント」(3825。マザーズ。東京都目黒区)の株価が急騰している。
 昨年10月には一時400円以上を付けることもあったが、その後ジリジリ下落。今年に入ってからは加速し、2月12日には140円を付けることも。
 ところが、2月29日には出来高が急増し前日178円(終値)だったところ228円(同)に。そして3月1日には値幅制限一杯の前日比80円(35・09%)高の308円ストップ高買い気配に。本日も一時359円まで上がった(終値316円)。
 リミックスは2月29日、最近、関連銘柄が買い人気化している仮想通貨交換所を運営する子会社、その名も「ビッドポイント」(仮称)を3月上旬に設立する(予定)とIRしたことが買い材料になったことは容易に想像できる。
 しかしながら、このIRが載ったのは29日午後4時45分。同日大引け後のこと。それにも拘らず、同日には前述のように出来高が急増、急騰し前日比50円高。これではインサイダーが疑われても仕方ない。
 今回の株価急騰の不自然さはこれだけに止まらない。
 本紙がいち早く2月23日に報じたように、リミックスに関しては、暴力団筋も関わりトラブル、当局も注視している三重県内の砂利採取場に不可解な4億円の根抵当権を設定していた疑惑が浮上している。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.01

山口組が分裂(35)いよいよ本格的な抗争か!?

 他の記事との兼ね合いで報告が遅くなってしまったが、2月27日午後9時ごろ、埼玉県八潮市内の「神戸山口組」系暴力団組長宅の外壁に銃弾が打ち込まれる事件が発生。さらに、同27日午後11時50分ごろ、東京都足立区の路上で、同じく神戸山口組系組員が3人組の男に催涙スプレーをかけられた上、頭から袋を被せられて殴られ全治2カ月の重傷を負う事件が発生。
 一方、同日午前3時ごろには、神奈川県厚木市の、こちらは「山口組」系事務所が使用していると見られる住宅に、2㌧トラックが突っ込む事件も発生しているという。
 警察は山口組分裂を巡る抗争事件の可能性があるとして捜査をしているとは、大手マスコミ既報の通り。
 これに関し、この間、本紙報道に協力してくれている関係者は、ここに来ていよいよ状況が変化、本格的な抗争の様相を呈しているという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(546)「ソフトバンクグループ」の自社株買いに異議あり

 2月15日、「ソフトバンクグループ」(9984。東証1部。孫正義社長)は5000億円(14・2%)を上限とする自社株買いをIR。同社の思惑通り、低迷していた同株価は15日の4400円(終値)から翌16日にストップ高の5100円と急騰した。現在も5621円(3月1日終値)で上昇傾向にある。
 マイナス金利で借金王のソフトバンクには追い風だが、普通なら5000億円者資金はM&Aや設備投資、研究費、あるいは借金返済に投じるのが筋だろう。
 確かに自社株買い、それも最大14・2%分ともなるとROEは高くなるため株価には有利だろう。そしてゴールドマン・サックス始め名立たる大手証券会社がソフトバンク株を一斉買い推奨した。
 ここが疑問だ。
 各証券一斉買い推奨は滅多にない。
 カラクリはこういうことだろう。
 ソフトバンクは借金王でも携帯電話などがありキャッシュフローは潤沢だ。また傘下の「ヤフー」、持分会社「アリババ」など含み益も大きい。大型買収、起債も多い。金融機関にとってはおいしい得意先になる。銀行で融資、グループの証券会社で起債あるいは自社株買い、外資はM&A仲介・・・と手数料を稼ぐには持って来いだ。そこへ、ソフトバンクの家庭内事情も重なっての自社株買いではないのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証券取引等監視委員会が相場操縦で強制調査ーー「夢の街創造委員会」創業者が相場操縦に走った理由

 昨日、「産経」報道を皮切りに、大手マスコミは一斉に、証券取引等監視委員会は「夢の街創造委員会」(2484。JQ。大阪市中央区)の創業者らの関係先などを、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑ですでに昨年2月に強制調査しており、東京地検特捜部への刑事告訴を視野に捜査を進めていると報じた。
 夢の街創造委員会は、わが国最大の宅配サイト「出前館」を運営している。
 同報道によれば、創業者は13年ごろ、夢の街創造委員会の株を信用取引で買っていたが株価が下がり追証を求められそうになったことから、これを免れるために株価を意図的に吊り上げた疑いがあるという。
 大手マスコミはこの創業者の実名を上げていない。
 だが、経歴や関係者の証言などから、創業者の一人、花蜜伸行氏(46)であることは明らかだ。
 関係者によれば、花蜜氏は当時、経営権を握るべく確かに夢の街創造委員会の株式を買っていたという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月21日 - 2016年2月27日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »