« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »

2016.12.23

猫ひろしのスポンサー「プライムエージェント」グループ、住所や社名を変更

 未上場ながら、先のリオデジャネイロ五輪マラソンにカンボジア代表として出場したお笑い芸人・猫ひろしのスポンサーとしてかなりの知名度を誇り、業績急進のなか、本紙既報のように、元従業員、さらには顧客にも提訴された投資用マンション販売会社「プライムエージェント」(東京都新宿区。上村友弥代表。小林傑オーナー)ーーそのグループ会社も含め商号、住所変更を行っていたことがわかったので三度報じる。
 いまもHPを覗く限り、ホールドカンパニー「プライムホールディングス」、提訴された「プライムエージェント」もそのままだが、実はこの11月1日、プライムホールディングスは「ARIGATOUホールディングス」という人を食ったような社名に、プライムエージェントも11月2日に「アセットイノベーションに代わっている。さらに関連会社「プライムエステート」も11月3日に「プロパティマネジメント」へといった具合。
 一方、住所の方もプライムホールディングスは今年6月1日、東京都新宿区から沖縄県那覇市に移転させたと思ったら7月21日、再び東京都新宿区の別の場所に戻していた。
 提訴されているプライムエージェントの方の住所は東京都新宿区のままなので、訴訟引き延ばしの意味はない。では、こうしたグループ会社も含めた社名、住所変更はいったい何が目的なのか!?
 外から見る限り、こうした変更は不可解としか思えない。このまま業績も一気に落ち込んで来るのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.21

大阪府警の暴走!? 山健組事務所ガサで警棒でガラス割り、組員に暴行(映像公開)

 12月17日の大阪府警による神戸山口組の山健組事務所(神戸市中央区花隈町)への家宅捜索時、3人ほどの府警捜査員が必要性もないのに警棒で事務所の窓ガラスを割る一方、事務所にいた部屋住みと当番者に暴行を働き病院送りにしたとの情報が関係者から本紙に届いた。
 本紙は山口組分裂時、いち早くその事実を報じ、以降、今年3月まで35回に渡り関連情報を報じて来た。
 もっとも、本紙はわが国最大の暴力団の分裂故に一般社会に対する影響も大きいと思われることから報じていたわけで、ヤクザ専門メディアでもなければ、そもそも暴力団は嫌いなので、膠着状態になったのを機に連載を打ち切った。
 しかしながら、今回の件は明らかに行き過ぎた捜査と思わざるを得ないので報じることにした。
 本紙が行き過ぎと確信を持ったのは、捜査員が警棒で執拗にガラス割りをしたり、2人の組員に暴行を働いていると思われる場面がハッキリと確認できる映像も一緒に届いたからだ(以下にその映像を公開)。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

債務超過で経営危機「郷鉄工所」の闇(10)

 この12月7日、19日、20日と立て続けのIRが示すように、借入金の返済期日を延ばす一方で、新たな借入を繰り返すなど、相変わらず資金繰りに四苦八苦している、債務超過で経営危機の「郷鉄工所」(6397。東証2部。岐阜県垂井町)ーーそれもこれも、本紙既報のように、田中桂一専務が事件屋といってもいい松尾隆氏(名前だけでなく、執行猶予明けになっているというのも虚偽と思われる)と組んだがためによけいに信用失墜、第三者割当増資を実施できないためだが、本紙の元には、この連載9回目に述べた以外にも、この田中専務・松尾氏コンビの怪しい動向に関する情報が入って来ている。
 その1つは、この連載2回目でも一言触れていた、あの真珠宮ビル跡地の買収計画。連載9回目で述べた「都内の事件ビルでは恐くて誰も手を出さないのでバクチを打とうとした」とは、この件を指す。
 冒頭に掲げたのは、その証拠の「買付証明書」。なお、その相手は「ブラックストーン合同会社」となっているが、これは「合同会社ブラックストーン開発」(千葉県中央区)の誤記。
 関係者が証言する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リミックスポイント」の国重社長が辞任

「リミックスポイント」(3825。マザーズ)の国重惇史社長(70)は本日、開催された定時取締役会の席で自ら辞任を申し出、本日付けで代表取締役はむろん取締役も辞任。要するに、リミックスとの関係を完全に断った(国重氏は株の所有はなかった)。
 同社IRによれば、本日、並行してIRした17年3月期の業績予想が、例えば、売上高約85億円としていたところ約47億円と45%もの大幅下方修正。それは各種利益も同様で、その責任を取ってのことという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(601)「ソルガム・ジャパン」の増資引受先の正体

 バイオ燃料事業をようやく開始した「ソルガム・ジャパン・ホールディングス」(6636。JQ。東京都品川区)は12月12日、増資に関してIRした。
 約6億円の第三者割当増資と、すべて行使されれば約5億9500万円の新株予約権で、引き受け先は共に100%、アフリカ大陸の東側に浮かぶ島国・セシェール共和国の「White Knight Investment Limited」という投資会社。株主は100%、南谷猛氏なる人物。同社は13年11月設立で、売上げ高は900万円(年)に過ぎない。
 希薄化率は約30%で、第三者割当増資分だけでも予定通り払い込まれれば、このWhite Knightが11・11%で筆頭株主に躍り出る。新株予約権もすべて行使されれば、その割合は約20%に。
 払い込み期日は12月28日だが、すでに兜町界隈の事情通の間では、あの大物仕手筋のダミーではないかと見られている。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.19

<連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(12月19日~12月22日)&MY注目銘柄」(第16回)

≪先週の相場展望の振り返りと今週の見通し≫
先週も日経平均は405円の上昇と堅調な値上がりをみせた。もうここから年内いっぱいは海外勢もお休みモードに入るので本格的な売り仕掛をしてこない公算が高い。ここにきて日米ともに来年度・再来年度の企業業績の堅調さが鮮明になってきており下値不安は小さいだろう。これからは出遅れ小型株物色と、東証マザーズの盛り上がりに期待したい。テクニカルの項で後述するが、海外勢が久しぶりにこの市場を買い越してきているからだ。また本年度最大注目銘柄だったZMPは上場延期になったが、それでも今週はIPOラッシュがある。
 全体の調整のタイミングとして意識しておきたいのはトランプ大統領就任の1月20日前後か。就任後の議会演説で(1)減税(2)金融規制改革法(ドッド・フランク法)(3)10年で1兆ドルのインフラ投資について、自身の政策見解を述べるだろう。特に(2)(3)については実現に不安定さがつきまとうので、1月20日前から弱含みの展開が予想される。
 しかし、ここまでトランプ氏から為替についての発言がまったくでてこないのは不気味。1円の円高で日経平均のEPSを10.41円引き下げてしまうので、「ちょっと見ないうちにドルが高すぎる!」の為替発言が飛び出すと日本市場に大きな波乱を呼ぶが、これも年が明けて大統領に就任してからだろう。
 ただ今週以降は、とくに日経の東証大型株に関しては、ここまであまりに日経平均が堅調だったため、新規買いは避けたほうが無難。新規で購入するなら、マザーズか、出遅れ小型株がよいと感じている。
 
≪今週の注目イベント≫ 
 20日(火)日銀会合 ※昼以降に金融政策・政策金利の発表
 
≪テクニカルポジション≫
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

<ミニ情報>東京地検が狙う福島復興利権疑惑ーーキーマンが自殺!? (*訂正あり)

 本紙が何度か触れている、東京地検特捜部がすでにガサをかけ、地検詰め記者がもしや政治家絡みの贈収賄事件に発展かと注目し、取材に動いているこの絡みで、驚きべきことが起きた。
 この疑惑のキーマンの1人とも噂されていた人物が、焼身自殺したというのだ。
(*大手マスコミで取り上げられていることを知らないまま、独自情報で報じましたが、初めて大手マスコミでも報じられ、時期が熟したとして、冒頭写真を新聞記事に貸しかえると共に、以下では匿名から、訂正し、実名で報じます。12月18日午後10時20分)
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

債務超過で経営危機「郷鉄工所」の闇(9)

 本紙は、債務超過で経営危機の「郷鉄工所」(6397。東証2部。岐阜県垂井町)に関してこれまで8回報じている。
 同社が何とかこの危機を打開しようと動くのは当然だし、多くの従業員、株主などのことを考えれば何とか脱して欲しいと思う。
 だが、会社側では田中桂一専務が中心になって、資金調達で組んだ相手が、松尾隆氏(12年11月、架空増資事件で逮捕。13年9月の一審判決は懲役2年6カ月執行猶予4年、罰金300万円、追徴金6億2926万円。控訴)だった。しかも、その結果が融通手形の乱発。そこで、本紙は松尾氏を切るべきだとして、その乱発の事実などを取り上げて来たのだが、郷鉄工側はそんな気はないようだ。
 最近の郷鉄工の取締役会には、何と松尾氏が何度も顔を見せ、意見を述べているというのだから驚きだ。しかも、その席で、何と本紙の記事が同社の信用を貶めているとして、名誉毀損で告訴すべきとの意見が田中専務から出されたという。
 本紙報道は正しいし、同社の信用を失墜させているのは松尾氏と組んだ結果なのに、この発言。まさに郷鉄工は末期症状を呈しているとしか思えない。
 ならば、松尾氏が郷鉄工に食い込む契機になったともいわれる「書類」の存在をここに明かそう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »