« 2016年6月5日 - 2016年6月11日 | トップページ | 2016年6月19日 - 2016年6月25日 »

2016.06.16

ホテルで会議した相手は馬主M氏かーー舛添都知事の競馬利権

 政治資金支出などを巡る公私混同問題で都政を混乱させた責任を取り、6月15日午前、ようやく辞職願いを出した舛添要一東京都知事ーー7月31日にも行われる都知事選候補者として自民党では小池百合子元防衛相、民進党では蓮舫参議院議員の名も出ており、実質、女性2人の戦いになるとの見方も。
 それはともかく、ここに来て、ある馬主が重い口を開いた。
 ケチケチぶりの実態が明らかになった舛添知事だが、それは同時にカネに対する執着を意味する。
 この馬主、「舛添さんがあれほど都知事のイスに執着したのは、もっとも手軽に(裏)カネが入る競馬利権の影響力を失いたくなかったからではないか」というのだ。
 しかも、舛添知事のこの間の公私混同問題の代表的なケースとして、13年、14年の正月に千葉県内の「龍宮城ホテル三日月」に家族と宿泊しながら、部屋に出版社社長を招き政治的な会議をしたので会議費で支払ったのはおかしくないと強弁した件があったが、この馬主は「その相手は実は競馬利権で大きな影響力を持つM氏ではないか。それは公に出来ないので、出版社社長ということにしたのでは」とも。いまや、舛添知事曰く出版社社長は実在しないとの見方が取材記者間の大方の見方だ。
 では、その競馬利権とはいかなるものなのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.14

貸金オーナー失踪事件ーー神戸山口組中枢を殺人容疑で狙う!? 京都府警

 本紙では2度報じたことがある、京都の大手貸金「鳳」(京都市右京区)のオーナー・松本貞雄氏(68。失踪当時)が13年3月に失踪した事件につき、京都府警が今年に入り、別件ながら、容疑者と睨んでいる者を次々と何度も逮捕している動きがあるのでお伝えする。
 事が事なので、むろん京都府警は以前から捜査をしていた。だが、ここに来て精力的に捜査を行っているのは、山口組の分裂騒動と関係あるとの見方がある。
 6月10日、『山口組 分裂の真相』(一ノ宮美成+グループ・K21。宝 島社)という単行本が出版された。
 その192から200頁にかけ、この失踪事件の件が出ている。
 要約すると、この事件には神戸山口組の中心組織である山健組中枢の2人の組長が首謀者という記事が『週刊金曜日』(15年10月16日号)に載ったが、その時期は山口組分裂後のことで、山口組の中心組織である弘道会が情報戦の一環としてリークした可能性もあると見て同記事執筆者に取材したが、執筆者はそれを否定したという内容だ。
 それはともかく、京都府警にしても、もし、本当に山健組中枢がこの失踪事件に関係しており逮捕できれば大打撃を与えられるということで、なおさら捜査に力を入れているとの見方が出ているわけだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第23回 漢方医学から見た不眠症対策」

「不眠症で困っている」という患者さんがとても多いですが、本当に不眠症なのでしょうか?
 日本睡眠学会では、「不眠症」を以下のように定義しています。

■夜間なかなか眠れず、寝つくのに普段より2時間以上かかる「入眠障害」
■一旦寝ついても夜中に目が醒めやすく、一晩2回以上目が醒める「中間覚醒」
■朝起きたときにぐっすり眠った感じの得られない「熟眠障害」
■朝、普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう「早朝覚醒」
 以上の訴えのどれかが「週2回以上」見られ、なおかつその状態が「少なくとも1ヵ月間」は持続すること。
 不眠のため自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられること。そして、不眠の原因が他の疾患や薬剤によるものではない。
 以上を全て兼ね備えたものが「不眠症」です。
 睡眠に関してはまだまだ解明されていないことが多く、現在通説となっていることも医学的な根拠はないものが多くあります。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(571)「Oakキャピタル」急騰の怪

 先週、いまや上場企業への新株予約権投資が主業の「Oakキャピタル」(3113。東証2部。東京都港区)が出資している「ホットリンク」(3680。マザーズ。東京都千代田区)が急騰し、連れてOakも急騰を演じた。
 ホットリンクはSNS、掲示板の投稿サイトを監視・活用するクラウドサービスを展開している。
 そのホットリンクは6月7日、中国最大級IT企業テンセント社傘下の中国版「LINE」と、日本へ観光客を呼び込むためのプロモーション領域での協業を開始することで覚書を締結したとIRしたのが発端だ。
 Oakは今年1月29日、財務強化したいというホットリンクの求めに応じ第三者割当増資6億円弱(1株545円)、新株予約権(行使価格は400円。最大約11億円調達)を中心になって引き受けた。しかし2月25日にホットリンク株価は445円にまで急落。Oakにとってはホットリンクが急落すれば四半期決算で評価損を計上しなければならない。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月5日 - 2016年6月11日 | トップページ | 2016年6月19日 - 2016年6月25日 »