« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年5月29日 - 2016年6月4日 »

2016.05.28

15億円以上の水増し請求ーー提訴された「博報堂」。トンデモ体質にメスが入るか

 03年、大広、読売広告社と経営統合し、売上が1兆円を超え、業界1位の「電通」と対峙している「博報堂DYホールディングス」(2433。東証1部。東京都港区)ーーその傘下中核企業が「博報堂」だ。
 博報堂が水増し請求するなどして約15億3000万円を不当に得たとして、その返還請求訴訟を福岡地裁に起こされたのは5月20日のこと。
 しかし、博報堂のHPを見てもその事実は載っていない。それは大手マスコミのニュースも同じ。
 事件化でもしない以上、まず報道されないのは、博報堂も電通同様。広告掲載の代行を依存しているため、マスコミ各社にとって博報堂も極力、マイナスのことは触れられないタブー的存在なのだ。
 提訴したのは、化粧品、健康食品の通信販売会社「アスカコーポレーション」(福岡市博多区)。
 南部昭行社長が“無添加”を売りに、わずか10数年で100億円企業に育て上げた。
 その躍進の上で大きな役目を果たしたのが広告。TV、ラジオ、新聞、雑誌への掲載はもちろん、自社の顧客向け情報誌、街頭イベント、アフィリエイト、自社HP、深夜の通信販売番組放送に伴うコールセンター業務――当初はこれらの掲載、実施、製作代行、委託を複数のところに頼んでいたが、11年からは博報堂に一元化。そして約9年間で、博報堂と実に総額約120億円の取引があった。ところが、そのうちの少なくとも約15億3000万円が不当なものだったというのだ。
 それにしても、いまごろアスカ社はなぜ気づいたのか。別の言い方をすれば、これまで気づかなかったのか。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.26

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(564)あの大場氏が新たに仕掛ける銘柄!?

 大場武生氏ーー古くは「大盛興業」(1844。東証2部)、近年は「SOL Holdings」(旧シスウェーブホールディングス。6636。JQ)、「リアルビジョン」(6786。マザーズ)株を実質、取得し経営権を握ったことも。最近は、持ち帰り「小僧寿し」を展開する同社名「小僧寿し」(9973。JQ)の株売却候補絡みでその名が出ていたあの御仁。
 その大場氏が、最近発表された某上場企業の増資に深く絡んでいるという情報が出ている。
 むろん、大場氏のことだから表に顔を出してはいない。
 しかし、情報元は間違いないと断言する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「MAGねっと」上場廃止確実も、意気軒昂の大島氏

 債権回収などを手掛ける「MAGねっとホールディングス」(8073。JQ。東京都港区)は5月23日、2期連続の債務超過になることから上場廃止基準に抵触し、7月末には上場廃止になる見込みとIRした。同日、東証は同社株を管理銘柄(確認中)に指定したこともあり、同社株は処分売りが加速し大きく値を下げている。
 このMAGねっとの代表は、経営破たんし世を騒がせた大手商工ローン「SFCG」(旧商工ファンド)」代表だった大島健伸氏の息子・大島嘉仁氏。また、かつて同社はSFCG傘下企業だったし、現在も大島ファミリー企業「ファイ」が78%とダントツの筆頭株主(ただし「四季報」を見ると「アルファ」なる会社に筆頭株主が代わっているが正体不明なのは気にかかる。ファイが社名変更したわけではない)。
 大島健伸氏にとっては、唯一残っていた上場企業ともいえるわけで、さぞや無念と思っているかと思いきや意気軒昂のようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.25

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(563)「プラコー」の大株主に登場したあの有名人(2)

 本紙は5月3日、中空成形機などプラスチック加工機の専業メーカー「プラコー」(6347。JQ。さいたま市)の大株主に、昔、若干30歳少しで上場企業の社長に就き、反社的人物のダミーとの噂も出て話題を集めたこともある人物がなり、証券取引等監視委員会も注目しているようだとの記事を書いた。
 その時点では、この人物が今回いかなる狙いで大株主になったのか不明だったが、その後、その疑問に関する情報が入って来たので追加報道する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.24

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(562)「サハダイヤモンド」、営業キャッシュ・フロー(+)で上場廃止回避

 本紙が何かと注目している、ロシア産ダイヤモンド製造・販売「サハダイヤモンド」(9898。JQ。東京都墨田区)は5月20日、今年3月期の決算短信をIRした。
 それによれば、営業キャッシュ・フローは昨年度も1億6300万円のマイナスだったところ、今期は3億9700万円のプラスに転じている。
 既報のように、サハの場合、営業利益、営業キャッシュ・フロー共にこの4期連続でマイナスだった(営業利益だけならこの10年以上)。そしてJQ上場企業の場合、4期連続で営業利益及び営業キャッシュ・フローがマイナスの場合、1年内に営業利益または営業キャッシュ・フローがプラスにならなければ上場廃止になるため、サハの今期決算が注目されていた。
 上記のように、営業利益は今期もマイマスながら、営業キャッシュ・フローはプラスに転じたことで、あいかわらず「継続疑義」であるものの、上場廃止は免れたことになる。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.23

<芸能ミニ情報>第52回 舛添都知事に元愛人娘絡みでオリンピック利権求めスリ寄る大手マスコミ

 舛添要一東京都知事(67)の政治資金私的流用は論外であり、辞任して当然だろう。
 政治資金規正法違反(虚偽記入罪)ですでに市民団体に告発されているが、徹底して捜査してもらいたものだ。舛添都知事は一部資金を返金しているが、そんなことで済まされる問題ではない。
 ただ、我々都民も、こんな節操のない人物を都知事に選んだことを反省すべきでは。
 連日、この問題は大手マスコミも報じているが、実はその裏側で、一部大手マスコミは来る東京オリンピックの放送権始め様々な利権のおこぼれに預かろうと、あるルートを通じて舛添氏を懐柔しようとアプローチしていたことが判明した。
 舛添都知事はカネにセコイ一方、3度結婚、2人の元愛人との間に3人の子どもをもうけており、「カネ」と共に「女性」問題でも過去、数々な話題を提供して来ているが、今回判明したそのアプローチ先とは、その一方の元愛人との間の娘に関して。それも芸能絡みのことだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年5月29日 - 2016年6月4日 »