« ライバル会社による「マルハン」出店阻止工作の闇(6)訴訟のなかで、“工作資金”の存在を認めていた! | トップページ | <ミニ情報>山口組フロント社長ら採石場権利無断移転事件のその後 »

2016.12.14

「ピクセルカンパニーズ」を提訴したあの注目の女性

 オフィス用トナー販売主力の「ピクセルカンパニーズ」(2743。JQ。旧ハイブリッド・サービス)は12月9日、提訴された件をIRしている。
 今年5月末、ピクセルの子会社だった「ルクソニア」(今年11月に子会社でなくなる)から、原告は太陽光発電事業における売掛金債権の譲渡を受けるファクタリング取引をしたが、それは架空債権であり、またルクソニアとピクセルは通謀していたとして提訴されたという。請求額は2億2710万円。
 本紙がこの件に注目するのは、この原告がいま話題の人物だから。
 本紙は11月13日、「東京地検が狙う、福島復興利権に関する贈収賄疑惑!?」というタイトル記事を報じているが、その絡みでだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« ライバル会社による「マルハン」出店阻止工作の闇(6)訴訟のなかで、“工作資金”の存在を認めていた! | トップページ | <ミニ情報>山口組フロント社長ら採石場権利無断移転事件のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64622490

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピクセルカンパニーズ」を提訴したあの注目の女性 :

« ライバル会社による「マルハン」出店阻止工作の闇(6)訴訟のなかで、“工作資金”の存在を認めていた! | トップページ | <ミニ情報>山口組フロント社長ら採石場権利無断移転事件のその後 »