« 武藤代議士だけじゃない――合田一家総長逮捕にも絡んでいた兜町有名詐欺グループ(2) | トップページ | <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(12月12日~12月16日)&MY注目銘柄」(第15回) »

2016.12.11

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第27回 大麻成分を利用した便秘用漢方薬」

 このところ大麻の事件が多く報道されておりますが、大麻は漢方において重要な生薬でもあります。
 明治時代には葉も薬として使用されていましたが、現在では大麻取締法により限られた部位のみが使われています。
■大麻取締法(抜粋)
第一条  この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。
 この大麻取締法によれば、種子は使ってよいということになります。
 大麻の種である麻子仁(ましにん)は、
麻子仁丸(ましにんがん)
炙甘草湯(シャカンゾウトウ)
潤腸湯(ジュンチョウトウ)、
など、保険適用にもなっている漢方処方に配合されています。
 麻子仁はアサ科のアサの果実です。
「古方薬議」という医書には
「血液の循環を滑らかにし、諸臓器の機能や新陳代謝を亢進させ、大腸の炎症、便の停滞、排尿痛のあるものなどを治す」
という意味の記載がされています。
 以下、麻子仁が配合されている漢方処方の代表の麻子仁丸を紹介させていただきます。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 武藤代議士だけじゃない――合田一家総長逮捕にも絡んでいた兜町有名詐欺グループ(2) | トップページ | <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(12月12日~12月16日)&MY注目銘柄」(第15回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64609358

この記事へのトラックバック一覧です: <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第27回 大麻成分を利用した便秘用漢方薬」 :

« 武藤代議士だけじゃない――合田一家総長逮捕にも絡んでいた兜町有名詐欺グループ(2) | トップページ | <連載>アッシュブレインの資産運用ストラテジー「今週の相場展望(12月12日~12月16日)&MY注目銘柄」(第15回) »