« 猫ひろしのスポンサー「プライムエージェント」グループ、住所や社名を変更 | トップページ | <お知らせ>年末・年始の業務について »

2016.12.25

東京地検が狙う3・11震災復興利権疑惑ーー自殺したキーマンの役割

 本紙でも既報のように、東京地検特捜部が捜査をしている3・11震災復興関連工事受注を巡る贈収賄疑惑のキーマンの1人と見られていた「T建設」(埼玉県八潮市)の顧問だった斎藤弘正氏が12月15日夕方、神奈川県川崎市高津区の川崎市営「緑ケ丘霊園」で焼死しているところが発見された。ガソリンを自ら被り、自殺したと見られる。
 同霊園は約2万5000基もの墓石がある大霊園。
 斎藤氏が見つかったのは、その115区の墓石群の端の測道横だった。
 この115区には斎藤氏の一族の墓があり自殺場所に選んだとの情報があるが、ここには斎藤家の墓は5つあり、本紙では特定・確認することはできなかった。
 それにしても、なぜ自殺なのか?
 実は、複数の関係者の間からは、当日の様子や、抱えていた訴訟が直前に和解になっていたとして、自殺との見方に疑問の声もないわけではない。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ


|

« 猫ひろしのスポンサー「プライムエージェント」グループ、住所や社名を変更 | トップページ | <お知らせ>年末・年始の業務について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64671574

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検が狙う3・11震災復興利権疑惑ーー自殺したキーマンの役割 :

« 猫ひろしのスポンサー「プライムエージェント」グループ、住所や社名を変更 | トップページ | <お知らせ>年末・年始の業務について »