« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(595)西田流仕手筋崩壊へ | トップページ | 「俺のイタリアン新橋本店」が閉店――俺の株式会社に陰りが »

2016.11.09

民事訴訟で浮上した某上場企業社長の横領疑惑

 今年4月、東京地裁にある損害賠償請求事件が提訴された。
 原告の2人は某上場企業の子会社社長(某上場企業元専務)、子会社取締役(某上場企業元執行役員)だったところ、今年4月、2人とも解任された。
 しかし、その解任は不当なものだとして、親会社である某上場企業と代表取締役社長、その子会社に対し、不当な解任による被った不利益、慰謝料など総額7440万円を支払えというもの。
 これだけみれば、よくある民事訴訟に過ぎないと思われるかも知れない。
 注目されるのは9月に入り、原告が第2準備書面を提出。
 その準備書面の冒頭にはこう記されている。
「本件解任理由は、○○(某上場企業代表取締役社長)が、被告会社とは無関係な案件で、不動産を無断で第三者に売却された被害者より
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(595)西田流仕手筋崩壊へ | トップページ | 「俺のイタリアン新橋本店」が閉店――俺の株式会社に陰りが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64463525

この記事へのトラックバック一覧です: 民事訴訟で浮上した某上場企業社長の横領疑惑 :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(595)西田流仕手筋崩壊へ | トップページ | 「俺のイタリアン新橋本店」が閉店――俺の株式会社に陰りが »