« 「都議会のドン」が、追及が始まったら逃げ込む病院を下見!? | トップページ | 債権者から逃亡中の、昨年マーケット関係者から注目されたあの『コマンドエヌ』オーナー »

2016.10.28

「日本再生トラスト」金商法違反事件ーー「最後の総会屋」ら起訴の有無

 大阪府警捜査4課は10月5日、総会屋の身分を隠して証券会社に株主取引の口座を開かせたとして詐欺容疑で竹之内昌虎容疑者(54)を、発電事業会社「日本再生トラスト」(東京都港区)の代表社員・新田靖浩容疑者(49)や元社員ら6人を金融商品取引法違反(無登録営業)で逮捕したのは、本紙でも既報の通り。
 日本再生トラストから竹之内容疑者の関連口座に約6000万円が送金されており、この2つの事件は密接に関わっている。
 それからすでに勾留期限一杯の20日以上経過している。ところが、大手マスコミは竹之内容疑者を「最後の総会屋」などと表現し報じながら、肝心の起訴の有無についてまったく報じていないようだ。
 いったい、どうなったのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「都議会のドン」が、追及が始まったら逃げ込む病院を下見!? | トップページ | 債権者から逃亡中の、昨年マーケット関係者から注目されたあの『コマンドエヌ』オーナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64411969

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本再生トラスト」金商法違反事件ーー「最後の総会屋」ら起訴の有無 :

« 「都議会のドン」が、追及が始まったら逃げ込む病院を下見!? | トップページ | 債権者から逃亡中の、昨年マーケット関係者から注目されたあの『コマンドエヌ』オーナー »