« 余罪の疑いもーー大阪府警、「最後の総会屋」を身分隠して口座開設容疑で逮捕 | トップページ | 大阪府警捜査4課が逮捕ーー「日本再生トラスト」金商法違反事件の華麗なる人脈 »

2016.10.07

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(590)「都心の超高級マンションでも欠陥工事発覚も隠密処理」

 世間を大騒ぎさせたあの横浜の“傾斜マンション"(「パークシティLaLa横浜」)、問題の1棟だけでなく4棟すべての建て替えが9月19日に決まったのは大手マスコミ既報の通り。
 これによる分譲した三井不動産側の負担は約400億円(建て替え分300億円+住民への保証100億円)にもなるという。
 結果、マンション購入希望者の間では、たとえ高くても大手からに限る風潮が出て来たようだ。
 かつて耐震偽装問題で世を騒がせたヒューザーのマンションの場合、被害者住民は実費で建て替えとなったのだから天と地の差。これでは、無理もないかも。
 表面化したのは三井もヒューザーも一般大衆向け物件という共通点がある。一般向けは戸数が多い(パークシティーの場合は700戸以上)こともあり、問題は発覚し易い上、そうなればニュースのネタにもなり易い。結果、不動産会社も火消しに躍起になる。
 では、もし総戸数50戸以下の億ションだとどうだろう。住民は社会的地位の高い人、有名人も多い。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 余罪の疑いもーー大阪府警、「最後の総会屋」を身分隠して口座開設容疑で逮捕 | トップページ | 大阪府警捜査4課が逮捕ーー「日本再生トラスト」金商法違反事件の華麗なる人脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64312102

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(590)「都心の超高級マンションでも欠陥工事発覚も隠密処理」 :

« 余罪の疑いもーー大阪府警、「最後の総会屋」を身分隠して口座開設容疑で逮捕 | トップページ | 大阪府警捜査4課が逮捕ーー「日本再生トラスト」金商法違反事件の華麗なる人脈 »