« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(593)「大和証券」にとって大森・蒲田地区は鬼門!? | トップページ | また森喜朗利権? 東京五輪メディアセンター建設入札を巡っても官製談合疑惑浮上 »

2016.10.25

「日本再生トラスト」金商法違反事件ーー「最後の総会屋」が関わった経緯

 この最初の関連記事(10月9日配信)のなかで、「最後の総会屋」こと竹之内昌虎容疑者が、「日本再生トラスト」(東京都港区)とそもそも関係を持ったのは、「親しい女性が投資した1000万円の資金が滞ったため。被害者側なんです。ところが、その後、3~5%の紹介料欲しさに投資家を紹介することに」との証言を紹介した。
 実は、竹之内容疑者と親しい女性が損をしたのは、日本再生トラストの投資話ではなく、同じ住所に設立した「Fスター」というFX会社に対するものだったことがわかった。
 また、今回とりあえず日本再生トラストの新田靖浩代表社員や元社員ら6名が金商法違犯(無登録営業)で逮捕されているが、その先に詐欺容疑なども視野に入れていると思われるなか、いまのところ逮捕を免れているものの、新田容疑者、同じく逮捕されているYら同様、追加記事で取り上げたS氏、さらにこのFスターでも詐欺行為を働いたと思われるワルがいることがわかったので追加報道する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(593)「大和証券」にとって大森・蒲田地区は鬼門!? | トップページ | また森喜朗利権? 東京五輪メディアセンター建設入札を巡っても官製談合疑惑浮上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64395769

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本再生トラスト」金商法違反事件ーー「最後の総会屋」が関わった経緯 :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(593)「大和証券」にとって大森・蒲田地区は鬼門!? | トップページ | また森喜朗利権? 東京五輪メディアセンター建設入札を巡っても官製談合疑惑浮上 »