« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(590)「都心の超高級マンションでも欠陥工事発覚も隠密処理」 | トップページ | <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第25回 米は宇宙第一、最上至極の良物」 »

2016.10.09

大阪府警捜査4課が逮捕ーー「日本再生トラスト」金商法違反事件の華麗なる人脈

 大阪府警捜査4課が10月5日に発電事業会社「日本再生トラスト」(東京都港区)という合同会社の代表社員・新田靖浩容疑者(49)や元社員ら6人を金融商品取引法違反(無登録営業)で逮捕したことは、本紙でも「最後の総会屋」竹之内昌虎容疑者(54)の別件逮捕と共に報じたのはご存じの通り。
 大手マスコミは一部新聞が大阪版で報じているぐらいなので、一般には余り注目されていないが、ここを舞台にした著名人は竹之内容疑者だけではないし、数十億円の詐欺被害が発生している模様で、注目しないわけにはいかない。
 まず、本紙がタイトルで“華麗なる人脈"と報じたのは、日本再生トラスト関係では、裏だけでなく表世界の著名人も登場し、その信用でファンド資金を違法に募っていた面もあるからだ。
 日本再生トラスト同様、頭に「日本再生」を冠した一般社団法人がある。
 昨年1月までN氏という人物が、ここの理事に就いていた。
 実は今回逮捕された新田容疑者は、このN氏のダミーで、そもそも日本再生トラストを設立したのはそのN氏であり、それ故、ファンド投資に当たっては、この一般社団法人の信用が利用されたようなのだ。
 そして、この一般社団法人の代表理事には「住友生命」元常務執行役員の矢島典明氏、早稲田大学元総長、高野連会長の奥島孝康氏などが理事に就いていたことはまったく報じられていない。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(590)「都心の超高級マンションでも欠陥工事発覚も隠密処理」 | トップページ | <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第25回 米は宇宙第一、最上至極の良物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64318909

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府警捜査4課が逮捕ーー「日本再生トラスト」金商法違反事件の華麗なる人脈 :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(590)「都心の超高級マンションでも欠陥工事発覚も隠密処理」 | トップページ | <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第25回 米は宇宙第一、最上至極の良物」 »