« 慶應大学公認サークル集団強姦疑惑の実行者実名 | トップページ | 国宝級古文書借用し紛失も、関係ないと言い張る「日本宗教学会」 »

2016.10.17

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(591)「ストリーム」など株価操縦疑惑の手口と捜査状況

 今回の証券取引等監視委員会と警視庁合同の「ストリーム」(3071。マザーズ)株価操縦疑惑の強制調査のターゲットとされる人脈、アクセスジャーナル既報の「GFA」(8783。JQ)などの仕手グループ人脈は、アクセス指摘のようにリンクしていると見られる。
 すでに首謀者として松浦大助氏、U氏など複数の名前が上がっているが、その多くはまず証券会社に口座を開けない、あるいは開かない。証券会社は口座開設の時、過去5年の信用状況を照会する。逮捕歴や問題企業での役員歴があると口座開設は難しい。証券取引等監視委員会の調査があると指摘されるからだ。また、自分の存在を隠したい思惑もあるからだ。
 さて、彼らは借名口座を使うわけだが、その詳細な手口に関しては、まだどこも報じていないので、補足しておきたい(捜査状況も)。
 借名口座は、大きく2通りある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 慶應大学公認サークル集団強姦疑惑の実行者実名 | トップページ | 国宝級古文書借用し紛失も、関係ないと言い張る「日本宗教学会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64363243

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(591)「ストリーム」など株価操縦疑惑の手口と捜査状況 :

« 慶應大学公認サークル集団強姦疑惑の実行者実名 | トップページ | 国宝級古文書借用し紛失も、関係ないと言い張る「日本宗教学会」 »