« <新連載>アッシュブレインの資産運用ストラテージ「今週の相場展望(9月5ー9日)&注目銘柄」(第1回) | トップページ | あの問題弁護士と“同居”する企業群のトラブルがいよいよ顕在化(2) »

2016.09.05

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(584)Y証券の資本増強裏手口(3)

 この連載(2)まででおおよそのことは書いたが、再度の取材で分かったことを補足しておく。その前に、もう一度この連載(1)(2)をお読みいただきたい。
 6000万円騙し取られたかたちになったK氏によると、直に貸し付けた「オーキタ」(東京都中央区)の鈴木清美社長は、貸す前、「この金は荒木氏が使う」と説明しており、それでK氏は納得して貸し付けたそうだ。
 また、連載(2)で述べた、騙されて「確認書」に捺印した後の平成23年2月23日にもK氏は返済要求し、その際には「貸金請求通告書」(冒頭写真)の内容証明を送付しているが、これに対し鈴木氏は梨のつぶて。というか、受取拒否だったという。
 ところで、仕手株として色々噂されている「プラコー」(6347。JQ)の筆頭株主である(有)「フクジュコーポレーション」(15・9%)の実質オーナーも、今回、K氏が貸し付けてトラブルになっているオーキタ同様、荒木武氏とされる。以前、このフクジュはオーキタと同じ兜町7丁目のビル2階に入居していた。
 なお、フクジュの社長は長井手氏だが、彼が株式取引で大穴を空けた時、救ったのが荒木氏といわれている。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <新連載>アッシュブレインの資産運用ストラテージ「今週の相場展望(9月5ー9日)&注目銘柄」(第1回) | トップページ | あの問題弁護士と“同居”する企業群のトラブルがいよいよ顕在化(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64162119

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(584)Y証券の資本増強裏手口(3) :

« <新連載>アッシュブレインの資産運用ストラテージ「今週の相場展望(9月5ー9日)&注目銘柄」(第1回) | トップページ | あの問題弁護士と“同居”する企業群のトラブルがいよいよ顕在化(2) »