« 南青山の地上げでも暗躍ーー山本幸三大臣に反社との密接交際疑惑 | トップページ | 投資資金が10倍に!? あの気になる面々が集める「仮想通貨」ファンド »

2016.08.31

画像取り違えで悪性リンパ腫手術――再検査せず、手術した旧国立病院に対し患者が提訴へ

 広島県福山市在住の会社社長Tサン(50代)は昨年8月ごろ、40度近い熱が高熱が2週間も続き体重が25キロも減少。掛かり付けの市内クリニックを受診したが、同年10月に同クリニックの紹介でM市医師会病院検診センターでPET-CTを撮影。
 その結果、悪性リンパ腫が体全体に回っておりこのままでは命にも関わるということで、掛かり付けクリニックの紹介で今度は旧国立病院を紹介もらい同年11月、睾丸摘出手術を受けた。
 ところが、退院後、手術を担当したM医師から電話があり、「睾丸から悪い腫瘍は摘出されなかったので、今度は頸部のリンパを摘出したい」との電話が。
 しかし、不安を抱いたTサンはM医師に「手術の前に再検査して下さい」と懇願したが、M医師は「10月にPET-CTを撮影して1カ月も経ってないから結果が変わるわけがない」と取り合ってくれなかったという。
 Tサンが不安を抱いたというのは、
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 南青山の地上げでも暗躍ーー山本幸三大臣に反社との密接交際疑惑 | トップページ | 投資資金が10倍に!? あの気になる面々が集める「仮想通貨」ファンド »