« みずほ銀行詐欺事件・及川幹雄被告が陳述した、「週刊報道サイト」佐藤昇氏の正体(4。解説用の山岡「陳述書」) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(581)「郷鉄工所」に当局が関心? »

2016.08.09

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(580)あの元大物の名前が……

 最近、DBシステムのアウトソーシングが中心「ネクストウェア」(4814。JQ。大阪市中央区)の株価が2度急騰した。
 6月末から7月8日にかけて、それまで150円前後で人気のなかった同銘柄がIR連発で391円まで急騰。そしていったんは220円まで急落したものの、その後、8月2日には317円まで戻した。
 いわゆる箱モノ企業とは違うが、長年かろうじて黒字維持も無配が続いおり、時価総額も低い。しかも空売りができるため仕手筋には格好の銘柄だ。
 最初の急騰時には本尊が良く変わらなかった。しかし2度目では兜町でも噂が流れてきた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ


|

« みずほ銀行詐欺事件・及川幹雄被告が陳述した、「週刊報道サイト」佐藤昇氏の正体(4。解説用の山岡「陳述書」) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(581)「郷鉄工所」に当局が関心? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64032081

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(580)あの元大物の名前が…… :

« みずほ銀行詐欺事件・及川幹雄被告が陳述した、「週刊報道サイト」佐藤昇氏の正体(4。解説用の山岡「陳述書」) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(581)「郷鉄工所」に当局が関心? »