« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(580)あの元大物の名前が…… | トップページ | あの塩田大介氏の新事業 »

2016.08.10

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(581)「郷鉄工所」に当局が関心?

 破砕・粉砕機を柱に環境機器に注力する「郷鉄工所」(6397。東証2部。岐阜県垂井町)は今年3月末で約6億円の債務超過となり猶予期間入りしていることから、これを解消すべくこの7月、総額14億5530万円の株主割当増資を行った。
 しかしながら、実際に調達できたのは約2億2200万円。
 この8月8日には経営の効率化を図るとして、売上高、利益共に約2割を占めていた配管事業を廃止するとIR。
 こうしたことを反映して、1年前には200円以上あった同社株価は、債務超過の猶予期間入りのIR直後には54円まで下がり、増資後の現在も100円割れの状態だ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(580)あの元大物の名前が…… | トップページ | あの塩田大介氏の新事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/64037038

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(581)「郷鉄工所」に当局が関心? :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(580)あの元大物の名前が…… | トップページ | あの塩田大介氏の新事業 »