« 逮捕監禁致傷事件の背後に大物財界人の影(2) | トップページ | マンション管理最大手「日本ハウズイング」ーーリゾートマンション管理人との労働審判で実質、全面敗訴 »

2016.07.07

安倍首相自宅放火事件は「朝鮮総連の犯行」と語っていた参院選・青山繁晴候補

 安倍晋三首相自らが口説いたという、参議院選挙の自民党候補(比例区)の青山繁晴氏(63)--元共同通信記者で、三菱総研研究員を経て、自ら設立した民間シンクタンク「独立総合研究所」代表に就任。テレビの人気コメンテータとして、お茶の間の人気も高い。
 出る杭は打たれるということか、6月30日発売の『週刊文春』が、その青山氏の共同通信社時代の私的流用疑惑などを報じているが、本紙は、この青山氏に関してもっと疑問に感じざるを得ないことがある。
 青山氏は元記者、そして現在はシンクタンク代表で、国家の在り方を考えているという御仁なのだから、当然ながら、思い込みで物事を判断するような方ではないだろう。否、そんなことがあってはならないはずだ。万一にもそんなことがあっては、当選した暁、参議院議員として国民の期待に十分に添えない。それは政治家の能力以前、資質に関わる重大問題だからだ。
 実は本紙・山岡は某週刊誌で政治記事を担当した際、青山氏に大変お世話になっている。まだ青山氏が共同通信記者だった90年初めから三菱総研、独立総合研究所代表に就いてまで約15年間、お会いさせていただいた回数は数十回になるかも知れない。
 そんななかで、こんなことがあったのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 逮捕監禁致傷事件の背後に大物財界人の影(2) | トップページ | マンション管理最大手「日本ハウズイング」ーーリゾートマンション管理人との労働審判で実質、全面敗訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/63880138

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相自宅放火事件は「朝鮮総連の犯行」と語っていた参院選・青山繁晴候補 :

« 逮捕監禁致傷事件の背後に大物財界人の影(2) | トップページ | マンション管理最大手「日本ハウズイング」ーーリゾートマンション管理人との労働審判で実質、全面敗訴 »