« 15億円以上の水増し請求ーー提訴された「博報堂」。トンデモ体質にメスが入るか | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(565)あの大場氏が新たに仕掛ける銘柄!?(続) »

2016.05.29

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第22回 漢方医学から見た睡眠のメカニズム」

 漢方医学では、睡眠のメカニズムを陰陽の働きによって説明します。
 日中は、気が陽の部位である体表や上半身に多く集まり、目や脳を働かせます。やがて夜になると、気は臓腑のある陰の部位に入って眠りにつきます。

欠伸(あくび)はなぜ出る?

 陽は人の頭脳のある上部を司り、陰は人の臓腑のある下部を司っています。夜になって陰気が上って脳を占め、陽気が下って臓腑に入ると人は眠りにつきます。しかし、夜になっても陰気が下にあって陽気が上にあると眠ることができません。そこで陽気は上から陰気を引き上げ、陰気は下から陽気を引き下ろそうとして、互いに引っ張り合うことになります。これが欠伸です。
 欠伸は自然に陰陽が交流して眠りに入ろうとしているサインなのです。
 夜になっても気が陰に入ることができないと寝付くことができません。アルコールや刺激物、ストレス過剰でイライラして陽の気が過剰になった場合や、うまく気が陰に入れない場合などに起こります。また、中途覚醒や早朝覚醒によって十分に気が臓器を巡らないうちに目が覚めてしまう状態が続くと、だんだんと陰である臓器が弱っていきます。その結果、肝や腎が弱り、様々な症状が現れてきます。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ 

|

« 15億円以上の水増し請求ーー提訴された「博報堂」。トンデモ体質にメスが入るか | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(565)あの大場氏が新たに仕掛ける銘柄!?(続) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/63697775

この記事へのトラックバック一覧です: <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第22回 漢方医学から見た睡眠のメカニズム」 :

« 15億円以上の水増し請求ーー提訴された「博報堂」。トンデモ体質にメスが入るか | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(565)あの大場氏が新たに仕掛ける銘柄!?(続) »