« 「サハダイヤモンド」が、同社資産を抜き取るためのスキーム会社を設立!? | トップページ | トラブルになっているマンション管理辞退もーー国交省に告発された「日本ハウズイング」 »

2016.05.13

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第21回 杏仁の効能」

 杏仁(きょうにん)とは杏(あんず)の核を割ると出てくる白い種肉の部分です。
 あんずは、英語でアプリコットと言い、古くから食用、薬用など広く使われてきました。日本でも平安時代から薬として用いられていました。梅や桜に似ている花は淡いピンク色で、信州では桜より少し早い3~4月に花が咲き、実が熟すのは6月ごろです。
 果肉から取り出した核を、乾燥した後に割って種子を取り出したものが生薬の杏仁です。
 同じものでも薬用と食用で読み方が異なり、薬用は杏仁(きょうにん)、食用は杏仁(あんにん)と呼ばれています。
 薬用には苦みの強い苦杏仁(クキョウニン)、食用には甘みのある甜杏仁(テンキョウニン)が使われます。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「サハダイヤモンド」が、同社資産を抜き取るためのスキーム会社を設立!? | トップページ | トラブルになっているマンション管理辞退もーー国交省に告発された「日本ハウズイング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/63620207

この記事へのトラックバック一覧です: <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第21回 杏仁の効能」 :

« 「サハダイヤモンド」が、同社資産を抜き取るためのスキーム会社を設立!? | トップページ | トラブルになっているマンション管理辞退もーー国交省に告発された「日本ハウズイング」 »