« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(550)五輪景気は早くも下降――都心タワーマンションが値引き | トップページ | <芸能ミニ情報>第47回 加護亜依元夫、今度は4億円借金トラブル »

2016.03.11

旧村上ファンドは儲けるーーあの南青山物件で、外資が反社と交渉!?(2)

 青山通りに面した超一等地、それも約2000坪の広さということで、以前からその動向が注目を集めていた都心最大級の地上げ物件がいよいよ最終段階に来ているーーそれも、外資がなりふりかまわず反社に利益供与してでも地上げ完成を目論んでいるということで第1弾記事を3月6日に報じたわけだが、早くも旧村上ファンド関係企業が多数入居する「第2宮忠ビル」隣の、2つだけとなった未買収地の1つの建物所有権に新たな動きがあったので追加報告する。
 この鉄筋コンクリート5階建てビル、昭和30年代に建てられた年代もの(その後、数度一部取り壊し、増築している)。もはや価値はない上、周りの地上げはすっかり終わっていることから、このビル持ち主に土地を貸している地主は建物を取り壊し、外資に転売する意向のようだ。
 ところが、そもそものこの5階建てビル所有者の資金難にかこつけ、その所有権を取得し、地上げ故の“立ち退き料”をたんまりせしめようと図ったのが、前回、述べた関東の某広域暴力団が資金源ともいわれる「R」なる会社のI代表、また、かつて上場していた不動産会社「アーバンコーポレーション」を反社絡みで潰し、今回はダミー会社「B」で登場した房園博行氏などだった。
 で、前回記事の時点では、このビルの所有権はこの「B」が所有していたのだが、3月4日付けで売買を原因に「K」(東京都港区)に移転している。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(550)五輪景気は早くも下降――都心タワーマンションが値引き | トップページ | <芸能ミニ情報>第47回 加護亜依元夫、今度は4億円借金トラブル »