« 清原和博の北関東シャブ購入ルートの正体 | トップページ | 清原和博の北関東シャブ購入ルートの正体(2) »

2016.02.10

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(541)本紙指摘通り、証券監視委が「神戸物産」を強制調査

 証券取引等監視委員会が業務用スーパーをFC展開する「神戸物産」(3038。東証1部。兵庫県加古郡稲美町)につき、同社や関係先を強制調査していたことがわかったとして昨2月9日、大手マスコミが報じている。
 容疑は金融商品取引法違反(インサイダー取引)。
 同社は一昨年12月、昨年7月と自社株買いを発表。発表後、株価は急騰しているが、同社関係者が発表前にこの情報を入手し取引先関係者に伝え、取引先関係者は発表前に大量に買い付け上昇後売り抜け、数十億円の利益を得た疑いがあるという。
 金商法は改正され、14年4月から、相手に利益を得させる目的で情報を伝えた場合もインサイダー取引に抵触し得る。
 昨年12月31日発信のこの連載で、証券監視委が昨年7月の株価急騰につき神戸物産の調査を始めていると報じていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 清原和博の北関東シャブ購入ルートの正体 | トップページ | 清原和博の北関東シャブ購入ルートの正体(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/63189251

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(541)本紙指摘通り、証券監視委が「神戸物産」を強制調査 :

« 清原和博の北関東シャブ購入ルートの正体 | トップページ | 清原和博の北関東シャブ購入ルートの正体(2) »