« あの「リミックスポイント」に数々の疑惑浮上 (一部削除あり) | トップページ | 福永法源の映画『塀の中の神様』ーー完成試写会の評価 »

2016.01.05

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(535)SESCは、昨年株価が急騰した“危ない上場企業”の調査を!

 昨年も上場企業とは名ばかりの実態がほとんどないといってもいい、あるいは業績が長期間赤字の“危ない上場企業”(ボロ会社)株の急騰が相次いだ。
 多過ぎてすべては取り上げられないが、昨年3月に株価がピークのS社、6月のP社、7月のG社、10月のK社、別のG社、そして直近ではM社といった具合。
 これらのどうしようもないボロ株に共通することは第三者割当、または新株予約権を発行していることだ。
 銀行が融資してくれない場合、上場企業の“錬金術”として増資はよくあることだが、これらの銘柄に共通した裏の出資者が複数いることが特徴だ。
 要するに、名義人が名義貸しであり、真の名義人は表に出て来ない。従来型の投資顧問を使って煽って株価を吊り上げて出来高を急増させ逃げる――百歩譲ってここまでは仕方ないとしよう。しかし、こちらのケースではこんな疑惑があるのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« あの「リミックスポイント」に数々の疑惑浮上 (一部削除あり) | トップページ | 福永法源の映画『塀の中の神様』ーー完成試写会の評価 »