« 2015年1月25日 - 2015年1月31日 | トップページ | 2015年2月8日 - 2015年2月14日 »

2015.02.07

<ミニ情報>あの菊次服役囚傷害事件の“共犯者”が不起訴に

 昨年12月3日、東京地裁で、あの水源地詐欺主犯の菊次達朗服役囚(懲役10年確定)に対し、塩田大介服役囚(競売妨害事件で懲役1年4月)に対する傷害事件(平成26年刑わ第648号)の判決があり、懲役10月の実刑だったことは本紙既報の通り。
 その傷害事件の現場に同席し、逮捕状が出ていた人物が不起訴になっていたことがわかったので、報告しておく。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.06

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(461)「原弘産」は“村上ファンド”にもてあそばれた?

 山口県下関市に本社を置く不動産会社「原弘産」(8894。大証2部)といえば、一時は安倍晋三首相との親密さもいわれたが、サブプライムローン問題、3・11大震災後の不況をもろに受け、いまも赤字決算、有利子負債であえいでいる。
 そんななか、1月26日、約14億円以上の第三者割当増資(DESによる)をIR(臨株を経て2月27日払い込み予定)。希薄率は80%を超えるものの、これで有利子負債が3割以上減少することが好感し、出来高急増、同社株価は翌日から急騰し、それまで40円台だったところ、1月30日には倍以上の95円にまでなった。
 こうした状況だけ見れば、何とも結構なこと。
 しかし、本当にこれで大丈夫なのか、との声が一部では囁かれている。
この第三者割当を引き受けるという“村上ファンド”系企業の動向が気になるというのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.05

「May J.」楽曲パクリ疑惑――エイベックス側が音楽事務所社長に街宣禁止の仮処分申立

 本紙がスクープした、昨年「アナ雪」でブレイクし、紅白出場まで果たした「May J.」の楽曲パクリ疑惑――。
 その疑惑を指摘する音楽事務所を経営する加藤豊氏(45)がただ1人、彼女のCDを出している「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部。松浦勝人社長。東京都港区)の本社前などで、ワンボックスカーで街宣活動をしていることも報じたが、これに対し、エイベックス側が街宣禁止の仮処分申立を行なったことがわかった。
 申請したのは1月22日。
 第1回目の審尋予定日は2月13日。
 その申立書などによれば、申立をしたのは法人としてのエイベックス、子会社「エイベックス・ミュージック・クリエイティブ」(エイベックスと同住所)、それにエイベックスの代表権を持つ松浦勝人社長、千葉龍平副社長など4個人。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.03

後藤健二さんら殺害を契機に、右翼団体関係者らが「イスラム過激派壊滅國士会」結成へ

 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)によりジャーナリスト・後藤健二さんらが殺害されたことを受け、全国の政治結社、右翼団体関係者らが大同団結し、逆にISの勢力が及ぶヨルダンなどに乗り込み、一朝事ある時は、武装して反撃することも厭わないという。
 すでに「イスラム過激派壊滅國士会」と仮組織名は決まり、今月中にメンバーを募り、出来るだけ早い時期の出国を目指す。メンバー数は数千人規模を見込んでいるという。
 その中心メンバーは、こう述べる。
「すでに内閣法制局には連絡を入れています。いろいろ理屈をこねて自重を促すようなことをいってましたが、もう我慢できません。あの映像を見ました? 骨さえ返してくれないでしょう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都圏ローカルTV局役員にセクハラなどの疑惑

 首都圏の独立系ローカルTV局役員が、人事権を背景に、自分の好みの女性を正社員や幹部に取り立てたり、さらに調子に乗って、女性職員との飲み会などを開催しその席で太ももやお尻を触るなどのセクハラ行為を。
 そうかと思えば、関係する建設工事に自分の古巣の系列会社を絡ませ、利益を還元させるといった疑惑も出ているという。
 いうまでもなく、ローカルTV局といえど、極めて公共性の高い電波免許事業。これら疑惑が万一、事実なら、追放されてしかるべき。
 そして、こうした疑惑の背景には、そのA取締役の“挫折”が関係しているのではないかとの見方もある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.02

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(460)ストックオプション絡みで注目されるわが国上場外国企業株

 兜町事情通の間で、わが国で上場しているある外国企業株が話題になっている。
 同社の株価は昨年9月ごろから上昇に転じ、それまで300円前後だった株価は10月16日に498円まで上昇。その後は上げ下げしながら今年1月27日までもみ合い。
 昨年9月からの上昇は中堅T証券元幹部を中心としたグループが買い付けたもの。そして昨年10月中旬には売り逃げたと見られていた。
 ところが、兜町早耳筋に取材したところ、どうも売ってないどころか、買い増ししているとの情報が。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

2015.02.01

<お知らせ>「週刊報道サイト」と現役山口組系組長が本紙記事に対し削除仮処分申立(変更第1回審尋日時)

 先にお伝えした、あろうことか、「(本紙)山岡に組事務所で50万円渡した」などといった虚偽の陳述書を書いた現役の山口組組長が、逆に山岡側の記事削除を求め仮処分をして来た件だが、本紙側弁護士の都合で第1回目の審尋日時が変更になった。
 2月3日(火)午後4時から。
 また、同じくあろうことか、先の山口組組長と組んで虚偽の記事を載せている「週刊報道サイト」の代表・佐藤昇氏も、反省するどころか、逆に仮処分申立を行って来たが、そちらの第1回目の審尋日時も同理由で変更になった。
 2月5日(木)午後3時から。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月25日 - 2015年1月31日 | トップページ | 2015年2月8日 - 2015年2月14日 »