« 2015年11月15日 - 2015年11月21日 | トップページ | 2015年11月29日 - 2015年12月5日 »

2015.11.28

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(525)「サハダイヤモンド」株価に異変(続)

 11月26日にお伝えしたように、同日1日だけで高値20円から一挙に1円へ。そして5円で取引を終えた「サハダイヤモンド」(9898。JQ。東京都墨田区)だが、翌27日は一転11円で始まり、高値15円で、12円で取引を終えた。
 いったい、何があったというのか。
 それを説くカギは、同社IRにある。
 まず26日の夜に、同日取締役会を開催し、前代表取締役社長だった姜杰氏(横写真)が再び代表取締役社長に復帰したという。
 そして翌27日は臨時株主総会で新たに3名の取締役を選任する予定だったところ、同取締役会でこの議案を、「取締役候補についてより詳細な情報が必要と判断されたため」と、理由にならない理由で、撤回することに決めたとのIRが27日に入って出る。
 ところが、一転、臨時株主は開催されたものの、定足数を満たさなかったために、3名選任の件は審議に到らなかったとのIRが出た。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.11.26

山口組分裂も影響かーー「大行社」トップ交代の裏事情

 稲川会系の「大行社」(本部・東京都港区)といえば、住吉会系の「日本青年社」(同)と共にわが国を代表する右翼団体の一方。構成員は約1800名。
 その大行社のトップ(会長)が、1カ月ほど前に交代し、書状披露が出ている。
 96年5月から2代目会長を三本菅啓二氏が勤めていたが、3代目会長・石井忠彦氏に代わったという。石井氏はそれまで理事長を勤めていた。
 順当な異動と思えるが、その一方で、山口組の分裂問題が少なくない影響を与えていると見る関係者もいる。
 いったい、どういうことなのか。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

村上正邦・元「参院のドン」の悪評

 元自民党参議院議員会長(80年7月から01年2月まで参議院議員。全国区)で「参院のドン」とも呼ばれたものの、(財)ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団による大学設置のための政界工作(KDS事件)で受託収賄に問われ(懲役2年2月、追徴金約7288万円)政界を追われた村上正邦氏(83)に関する悪評が永田町筋から頻繁に聞こえて来る。
 村上氏といえば、、09年10月に仮釈放(10年5月刑期満了)されてからもしばらくメディアに登場しなかったが、近年は永田町に事務所を構え、「日本の司法を考える会」を開催。また、今年3月に設立された「さとやま・草莽の会」に村山富市、矢野絢也、山﨑拓各氏らと参加。現在の政治状況を憂える元政治家の集まりで、積極的に政治に物申している。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(525)「サハダイヤモンド」株価に異変

 本日、仕手筋銘柄としても知られる「サハダイヤモンド」(9898。JQ。東京都墨田区)の株価が異常な動きを見せた。
 始値19円から高値20円へ。ところが午後2時半ごろから大量の売りが入ったようで2時51分には何と1円に。そして5円で取引を終えている。前日比株価は7割以上も下がってしまったわけだ。
 ところで、そのサハダイヤモンドは明日、臨時株主総会を開催する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(524)本連載で指摘通りーー相場操縦容疑で「村上ファンド」村上世彰氏を強制調査

 大手マスコミ既報の通り、証券取引等監視委員会は11月25日、相場操縦の疑いがあるとして、村上世彰氏や、娘・絢氏の自宅などを捜索し、強制調査に乗り出した。
 実は今年8月10日に報じたこの連載504回目で、「当局、『村上ファンド』に注目」とのタイトルで、証券取引等監視委員会などが「絢氏の買い付けについて調査を始めたようだ」などと報じていた。
 既報道によれば、証券取引等監視員会は、上場している複数の株式を市場で大量に売って株価を意図的に下げるなどの株価操縦をした疑いがあるという。もっとも、一部報道では、それはこれまで摘発されたことのない新たな手法だという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大物「地面師」グループ詐欺事件の裏に上場企業オーナー説(2)

 本紙は11月16日、この第一弾記事を報じている。
 警視庁捜査2課が昨年7月に逮捕した大物「地面師」グループ(現在、公判中)の背後に資金元として、あろうことか、ジャスダック上場企業のオーナー説が出ているというもの。
 新興市場の登場などで、昔と比べいくら上場企業の社会的価値が低下しているとはいえ、他人の土地を勝手に売り払うような詐欺師の大物集団の金主が上場企業のオーナーというのが本当ならいくら何でもさすがに驚きだろう。
 追加取材で、さらに不可解な事実がいくつかわかったので、追加報道する。
 その前に、今年11月10日、同じ警視庁捜査2課が、今度は東京都杉並区の別の他人の土地を善意の第三者に売っていたとして「地面師」グループを逮捕した件は、その疑惑のオーナーらを寒がらせているようだ。
 報道だけ見れば、まったく別件に映るが、この逮捕者のなかには、1年4カ月前の事件では不起訴になった八重森和夫(67)、それに前回も関っていたのに逮捕さえされなかった大賀義隆(=冒頭写真。63)両容疑者が含まれていたからだ。
「八重森は一連の絵図を描く係。そして大賀は元司法書士で土地の権利書など一連の書類を偽装する係。前回に逮捕・起訴され、いま公判中なので今回逮捕になっていないですが
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.23

下請け会社が追加提訴ーー北海道最大手コンビニ会社、「リベート」「運送費」も強要と計約11億2000万円損害求め

 北海道では「セブンーイレブン」などの大手コンビニより店舗数で上回り最大手の「セイコーマート」(本社・北海道札幌市。赤尾昭彦代表取締役会長=冒頭右写真)--そのセイコーマートが、その優越的地位を利用して「返品」を強要されたとして、下請け会社「斎川商店」(茨城県桜川市)が約18億7600円の損害賠償を求め係争中であることは以前、本紙でも報告したが、11月4日、その斎川商店が「リベート(値引き)」、必要ない「運送費」も同じく強要されたとして計約11億2000万円の損害賠償請求訴訟を新たに札幌地裁に起した。
 全国各地に多数存在するコンビニは、つい先日も「ローソン」が銀行参入を検討していることが報じられたように、いまや単に商品を売るだけでなく、社会インフラの役目さえ果たし無くてはならない存在になって来ている。その公益性を思えば、なおさらFC店舗のみならず、今回指摘されている下請け会社も含め、様々な強要、イジメのような行為があってはならないはずだが、以前から指摘され、未だ解決されていないようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.22

中国人、プラセンタ注射液「爆買い」の闇

 10月26日、東京・六本木のクリニック医師が、向精神薬「マジンドール」を中国人に転売していたとして、麻取が麻薬取締法違反容疑で逮捕したことが報道されている。
 だが、この記事、肝心の部分が抜けている。
 本来は高度肥満症患者の食欲抑制剤として使用される医薬品が、単なるやせ薬と別の目的のために需要があり、それは金儲けになるとみた者が、本来は医師が診療し適用患者のみに処方できるところ、大量に製薬会社から“在庫”として購入し、処方箋のない金持ちの中国人向けに違法に転売をしていたという背景あってのことと思われる点だ。
 その背景からいえば、いま、もっと人気で市場規模が大きいと見られるのはやせ薬としてではなく、肌が白くなる、シワが薄くなるなどの美容効果を期待してのプラセンタ注射液だろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

控訴へーー「秘密保護法違憲訴訟」、訴え却下(東京地裁)

 11月18日午後3時から、本紙・山岡もフリージャーナリスト仲間42名の1人として原告に名を連ねる特定秘密保護法(昨年12月から施行)違憲訴訟の判決言い渡しが東京地裁であった。
 山岡らは、同法は「取材活動を萎縮させ、国民の知る権利を侵害している」として憲法違反だから同法を無効に、また「立法により取材が困難になった」として1人当たり10万円の国家賠償を求めていた。
 しかし、谷口豊裁判長は、憲法違反との訴えについては、「具体的な紛争が生じているということはできない」とし、具体的でない以上、同法が憲法に適合するか否か判断できないとして審理せず却下した。また、国家賠償請求についても、「原告本人尋問の結果等を踏まえても、法的利益が侵害されているといえる程度に取材の困難等がもたらされているとまでは認められなかった」として棄却した。
 昨年3月提訴。当初は即、棄却されるとも思ったが、毎回、103号の大法廷を傍聴人が埋めるなどの支援もあり、7回の口頭弁論を経て約1年8カ月で判決となった。
 とはいえ、予想されたこととはいえ、憲法判断に踏み込んでおらず、控訴してさらに争う。
 なお、今回の判決につき、原告の何名かが取材申し込み(判決前の法廷内撮影)をしたが、裁判長は記者クラブ加盟社だけに許可を出し、原告申請者には認めなかった。本紙・山岡も含め原告5名が撮影中、これに対し抗議の意思を示すべく退席した。また、裁判長は原告に取材許可をしなかった理由につき特例でその理由を話す可能性を示唆さていたが、原告の数人が判決前、理由を求めたことは信頼関係を裏切るものだとして結局、理由を明らかにしなかった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月15日 - 2015年11月21日 | トップページ | 2015年11月29日 - 2015年12月5日 »